2005/03〜休止中なのに無限バトン編〜2006エイプリルフール編
2006/x→
3/ 5 blogやめました(ぇー)
3/ 7 ナムコ×カプコンでタイゾウさんが大変な事に。
3/ 8 第七聖典とかいうツッコミはうちではしない方向で(ぇー
3/ 9 残虐ゲームソフト、大阪府が規制を検討
3/19 旬完全無視お気に入りレビュー「バーンアウト3:テイクダウン」
5/13 Xbox360まとまってないまとめ
6/17 夜中にうるさいかの方、もとい、蚊の方の対策っぽく
6/21 バトンが回ってきました
6/24 またバトンがー!?
7/19 はーいバトンですねー!
9/ 7 バトン専門サイトはこちらですか?
9/21 バトン(略)
12/31 年末恒例行事(ぇー
4/ 1 史上最大の危機
4/ 2 はいはいワタヌキワタヌキ

2005年3月5日 blogやめました
「なんや、ちょっと懐かしい感じに戻っとるな」
「ああ、うん、やめちゃった。blog式。
だって、手軽に更新できるかなと思ってはじめたのに、いつの間にか元より手間かかってたから… 」
「いや、別に聞いてへんて」
「対話形式を維持するためにHTMLエディタ使ってそれを貼り付けてたりしたんで結局2度手間だったりとか
英語のコメントスパムがちゃんと本当にもらったコメントの10倍以上送られてきたりとか…(泣)」
「だから聞いてへんて」
「…いや、あの、みさき。久々なんだからもうちょっとマトモにさあ…(汗)」
「つばさが勝手に喋っとるんやないか…」
「で、元に戻すために半年分のログをこっちの形式に起こしなおすのに2日くらいかかってるし」
「…せやから聞いてへんがな」
「じゃあ聞いてよー!(怒)」
「…最初からそう言うたらええんやないか…で、なんや?」
「あ…えーと…
ごめん、とりあえず言いたい事全部言っちゃった」
「…もうええわ(汗)」

2005年3月7日 ナムコ×カプコンでタイゾウさんが大変な事に。
「…って、誰やねんタイゾウさんて」
「…今ふっと原田泰造さんのネタ思い出したんだけど言ってもいい?」
「いや、大変な事になってるタイゾウさんがその泰造さんやっちゅうんやったら言うてもええけど」
「…じゃあやめとく」
「…で、だからタイゾウさんて誰やねんな」
「いや、ナムコ×カプコンなんだからナムコかカプコンのキャラに決まってるわけで
そう絞ったらタイゾウさんってホリ・タイゾウさんしかいないと思うんだけど 」
「…知らんがな(汗)」
「ええと…ミスタードリラーは知ってるよね?
あれの主人公のホリ・ススムくんのお父さんがホリ・タイゾウさん
ちなみにディグダグとディグダグIIの主人公 」

参考:ホリ・タイゾウさんインタビュー(ススムの家)
「ああ、ミスタードリラーで見た事あるな。で、これがどない大変やねんな」
「ええと、NAMCOchナムコ x カプコンのサイトが先週更新されてて、
スクリーンショットが追加されてたんだけどね。

さっきのホリ・タイゾウさんインタビューにある写真をを見てから
ここのイベントシーンの上段右端のスクリーンショットを見て欲しいんだけど…」
ちょっと待てコレ誰やー!(汗)」
「…気になるのはこのタイゾウさんの出典がディグダグからなのかミスタードリラーからなのか、って事なんだけど。
見た感じ顎に鬚があるっぽいんでドリラーからの出演なのかなあ…でもそうなるとススム君はどうなってるのか…」
「いや、それ論点間違っとるて!

2005年3月8日 第七聖典とかいうツッコミはうちではしない方向で(ぇー
「片づけ中のちょっとしたきっかけで本当に今更ながらToHeartRをたて続けに6話分ほど一気に見てしまったり。
アップはいいんですがちょっと引いた時の作画がちょっと荒れてるなあ…話的にはちゃんと続編してて好きなんですが。
…いや、さんざん語り尽くされてる話なんだと思うんですが、録画だけしておいて全く情報を仕入れてなかった状態なんで(汗)

今更半年前のアニメの話したり、半年前に発売されたゲームのレビューしようとか考えてたり、時代に乗り遅れるのも程々にしないとなあ…」
ナムコ、PS2「ナムコ クロス カプコン(NAMCO×CAPCOM)」 メインシステムと最新スクリーンショットを多数公開(GAME Watch)
「というわけで大変な事になってるタイゾウさんですが、さんの記事でキャラクターイラストが公開されてたんでご紹介
…っていうか昨日の記事だと全体が見えなかったんでよくわからなかったんですが、なんですかこの武器(汗)
バトルシーンの紹介によると削岩機らしく、下の銃口らしきものは戦闘画面から見たところポンプに繋がっているみたいなんですが…

…じゃあイラストの弾薬ベルトみたいなものは何?(汗)」
「 ソニーの上層部入れ替えでタイマーとか『仕様です』とかインパクト重視のハード設計とかが無くなるといいなあ…無理かなあ…はあ…」

2005年3月9日 残虐ゲームソフト、大阪府が規制を検討
残虐ゲームソフト、大阪府が規制を検討(読売新聞)
「…愛知とか神奈川とかでそんな話があるって聞いてたけど、
大阪で規制されちゃうと日本橋とか梅田とかで買うときに影響でちゃうなあ…」
「まあ、要するに規制されるのは残虐なゲームなんやろ?
アンタはバイオハザードとかも苦手やし別にそんな残虐系のゲーム買わんやろ」
「んー、まあ、それはそうなんだけどね」
「放っとけばええねん。ゲームが原因だ原因だと責任を転嫁して規制たとこで、
また事件が起こってもうたときには次には責任転嫁する相手がおらんで自滅するだけや」
「…事件が起こる事前提ってのがちょっとイヤだなあ…起こらないに越した事はないわけだし(汗)
それに、私が苦手だからってそういうタイプのゲームが好きな人にはいい迷惑だろうし」
「えーと、つばさちゃん。自分にはあんまり影響がないみたいな話をしてるみたいだけどー…」
「あ、のぞみ姉ぇ。いや、私に影響があるとか無いとかの問題じゃなくて…」
「一昨年ののつばさちゃんのオススメの『ヒットマン・サイレントアサシン』とか
去年の一押しの『トゥルークライム』とか、あとそろそろ買おうかなって言ってた『侍ウエスタン』とか
あれ全部暴力描写でCERO18歳以上推奨ゲームだから
「ええー!(汗)」
「まあ、言われてみたらそりゃそうやわな。
どれも刃物は振るうわ銃は打つわ血わ出るわ人は死ぬわやねんから」
「…あー、それは盲点だったなあ…」
「盲点ちゅうか、ボケとるだけのような気もするんやが」
「でも、規制するとしたらCEROのレーティングに従って
『暴力描写で18推が出たら18歳未満販売禁止』くらいになるんだろうなあ」
「んー、どうかなあ…もしかしたらそれで済まないかもしれないよ?

寝屋川の例の事件の原因だと騒がれてるゾンビを倒すゲームってのが仮にバイオハザードだとしたら
この間発売されたバイオハザード4はレーティングで18歳以上推奨になってるんだけど…

ゲームキューブ版のバイオハザード0とバイオハザード2って、15歳以上推奨なんだよね
「…それやと拡大解釈されて15推でも18歳未満禁止にされてしまいかねんのちゃうか?」
「どうかなあ?でも、規制まったくなにもしなくていいってわけでもないんじゃないからねー。
さすがにGTAとかリルちゃんとか小学生に遊ばせるのはまずいんじゃないかなあって思うし
一応この手の規制はアメリカにもあるから、遅いって言えば遅いのかもしれないけどね」
「でも、さんざん言われてるけどあのレーティングの基準ってどうなのかなあ
原作が週刊少年マガジン連載中の『ネギま』のゲームが性的表現で18推とかって納得いかないし…」
「まあ、CEROのレーティングを基準に規制をするっていうのなら
それだけ責任も重くなるわけだし、レーティングの基準を見直したりする必要もあるんじゃないかなあ 」
「そもそも、暴力規制したかったらテレビかて規制するべきかもしれへんしな
今の状態やとゲームだけやり玉に挙げとるような感じやしな」
「とにかく、規制するならするでしょうがないとしても、どこかの教授さんとかみたいな
『なにがなんでもゲームが悪い事にしたいだけの人』は排除して検討して欲しいなあ…(汗)」

2005年3月19日 旬完全無視お気に入りレビュー「バーンアウト3:テイクダウン」
ええと、うちなんかでニュースとか紹介してて本当に需要あるのかなーとかちょっと悩んでるうちに10日くらいたっちゃいました(汗)
まあ、そんなこともありまして今回はちょっと趣向を変えてみようかなあ、と。
というわけで、今日は私が今お気に入りのゲーム、EAの「バーンアウト3:テイクダウン」を旬とか一切無視でご紹介しまーす!(ぇー

このゲーム、ただのレースゲームじゃないです。
もっとも、基本的にレースゲームってジャンルがあまり好みじゃない私がお気に入りだって言ってる時点でまあ普通のレースじゃないわけですが…

なんといってもまあ、

一般道を舞台に!
一般車が走ってる間を!
ガンガンライバルに接触しつつ駆け抜ける!

サーキットとかのような「レースのために用意されたような場」でのレースじゃなく。
このゲームの舞台は一般道です。当たり前のように一般車も走ってます。信号が赤なら車も横切ってきます。
そんな中を時速300キロオーバーで走り抜けるんですよ! もうムチャクチャですよ!(笑)
というか、普通のレースゲームみたいにどうにかして全部のカーブをベストのラインで切り抜けてタイムを0.1秒でも削るとか、
そんなゲームじゃないです(いや、やりこもうとすればそうなっていくのかもしれませんが…)
ライバルに幅寄せしたり、あるいは直接ぶつけたりして一般車や建物にテイクダウン(クラッシュ)!
あとは相手がレースに復活(いや、数秒で復活するんですが)するまでに悠々と抜き去る!
そんなはた迷惑きわまりないレース、というかもうバトルですね!(笑)

もっとも、そんな無茶しなくてもブーストを使って加速して一気に追い抜くって方法もあるんですけどね(汗)
ただ、そのブーストも当然無制限で使えるわけではなくブーストゲージを溜めないといけなくて。

あ、でも、ブーストゲージのため方は簡単です。

対向車線を走る!
ライバル車とガンガンぶつけ合う!
一般車と接触事故ギリギリの距離で走る!
むやみやたらなドリフトを使う!
上り坂でブレーキを使わずにジャンプ!

…とまあ、こんな感じで
とにかく同乗者がいたら泣き叫びそうな走り方をしていればブーストゲージが溜まります

まあ、でもブーストゲージって短いんであまり多用は出来ないんですが…実はゲージの長さを3倍4倍にする方法があります

なんと、ライバルを1台クラッシュさせるとゲージが倍! 2台で3倍、3台で4倍に!(笑)
しかもクラッシュさせるごとにゲージが一瞬でフルゲージまで溜まります!
もっとも、逆にこっちがクラッシュすると 4倍→3倍→倍→初期状態とゲージが減っていくんですが(汗)
でも、クラッシュさせられても諦めない!
ここでインパクトタイムボタンを押すと事故の瞬間がスローモーションになりまして
その間にも多少の前後左右への操作が可能なので、相手を事故に巻き込んでしまいましょう!(ぇー
上手く巻き込めればゲージの減り分も相殺されますし、追い抜かれずに済みますしね!

ちなみに6台でゴールする順位を競う「レースモード」とは別に、
車を賭けて(まあ、こっちが取られる事はないんですが)の一対一での勝負「フェイスオフ」
一周するごとに最下位の車が爆発するという「エリミネーター」さらに制限時間内に規定台数をテイクダウンさせる、
もう相手車をクラッシュさせる事そのものが目的の「ロードレイジ」モードなんてものもあります。

他にも普通にラップタイムを競う「バーニングラップ」や「プレビューラップ」というのもありますが
これにしても当然のように一般車は走っています!
しかも、プレビューラップに至っては未入手のスペシャルカーで走らされる事もありまして。
それこそ一般道をフォーミュラーマシンで350キロで走り抜けるなんてムチャクチャな展開も!(汗)

…っと、そうそう。もう一つモードがありました。
その名もクラッシュイベント

このモードだけはちょっと特殊で、指定された交差点などの手前からスタート、
自分からクラッシュを起こしてどれだけ一般車を巻き込んだ大事故を起こせるか!
被害金額の多さを競うという正気の沙汰とは思えないモードです!

さらに、このモードの道路には各種アイテムが落ちていまして。
強制的に加速するアイテムや自爆するアイテム(ちなみに一定台数の一般車を巻き込んでも自爆は出来ます)

なぜか取ると被害金額が増える金・銀・銅メダル!
さらになぜか取ると被害金額が2倍、4倍になるマルチプルパネル!
もうわけがわかりません!(笑)

被害金額がかなり高い(1億円単位?)と出てくる新聞イベント。
おめでとう! あなたの事故が新聞に載りました!(意訳)
なにがおめでたいんですか、なにが!(汗)

操作は簡単なAT方式のみですし、軽自動車クラスから始まって順番にスペックの高い車にステップアップしていくんで
私みたいなヌルゲーマーでも遊べます。1レースが短時間なので手軽に遊べますしね。
あと、タイヤ交換だとかエンジン載せ替えだとかのチューンナップ要素が無いのもややこしくなくて○。
PS2版でもオンライン対戦が可能なのも嬉しいですね(私が持ってるのはXbox版ですが…)
BGMもノリのいい感じの曲が数十曲収録されていますし、さらにXbox版ならジュークボックス対応でCDからXboxに録音した好きな曲でも走る事が出来るようになってます。

惜しいのは…Xbox版が日本で発売されてない事…(泣)
PS2版の方がロードが長い事とかを考えるとやっぱりXbox版がいいなあと、初めて海外版を買ってしまいました(汗)
あと細かい点を言うと、レース中にコースマップが表示されてないのはちょっと残念かな?
ちなみに、PS2版(というか日本版)ではライバルからクラッシュさせられたときのメッセージは
「まじ、やられた!」だそうです…何故?(笑)

まあ、とにかくこのノリが楽しめる人ならレース系が苦手でも遊んでみる価値はあると思いますよー!

バーンアウト3:テイクダウン (PS2/Xbox エレクトロニック・アーツ)
PS2版 2004年10月14日発売
Xbox版 日本未発売…(泣)
るみ:足跡できたのかー・・・レース系は苦手だけどこれはやりたいかもw
足跡:ぺたぺた
せの字:友達が買った!しかし遊びいく暇ない!
ゆき:アフォそうで是非やってみたいです(笑
つばさ:ひとことてすとー


2005年5月13日 Xbox360まとまってないまとめ
「さあて、Xbox360の発表もあったし久々に更新でも…と思ってふと見たら最終更新が3月19日。
やっぱり私にはサイト更新とか向いてないのかなあと思いつつせっかく取ったドメインが勿体なくて閉鎖に踏み切ることも出来ないダメっぷりで本日もお送りしていまーす! 」
「…そういう見に来てるヒトが引くようなことを平然と言うなっちゅうねん」
「…引くかな?」
「…もうええからさっさと本題入っとき」
「んじゃ本題。私個人としてはPS2の数倍は稼働してる超お気に入りハードにして
日本では50万台弱という大惨敗っぷりを披露したXboxの後継機、『Xbox360』が正式に発表されましたー!
ちなみに字だとわかりにくいんですが『Xboxさんろくまる』と読みます」
「…さっきつばさにつきあわされてMTVのビデオ見とったけど、しつこいくらいエックスボックスサンロクマルエックスボックスサンロクマル言うとったな」
「あのMTVの特番は期待外れだったけどね…番組内で発表されたソフトは日本向けのもの無かったし。
先月この番組の放送時間(AM11:30〜12:00)聞いたときはその時間に誰が見るのって思ってたけど…」
「…まあ、それはアメリカと同時放送やからやってつばさ自分で言うとったやないか」
「まあ、それもそうなんだけど。正直あの内容なら少なくとも日本でゴールデンに地上派とか、そういう価値はないわ(汗)」
「…もうええからさっさと本題入っとき」
「んじゃ本題。私個人としてはPS2の数倍は稼働してる超お気に入りハードにして
日本では50万台弱という大惨敗っぷりを披露したXboxの後継機、『Xbox360』が正式に発表されましたー!
ちなみに字だとわかりにくいんですが『Xboxさんろくまる』と読みます」
「…さっきつばさにつきあわされてMTVのビデオ見とったけど、しつこいくらいエックスボックスサンロクマルエックスボックスサンロクマル言うとったな」
「あのMTVの特番はちょっと期待外れだったけどね…30分番組なのに番組開始15分くらいまでゲーム画面でなかったし(汗)」
「…ゲーム画面も1タイトル5分くらいやったし、六本木ヒルズの方で発表された日本向けタイトルの画面はどれ一つ紹介されてへんかったしな」
「まあ、逆に言えばそっちはあくまで日本市場向けに用意したタイトルだって事なんだろうけどね。あの番組ほとんどアメリカ用のをそのまま字幕付きで出した感じだったし」
「…ゲストのライブとか、車の改造屋(たぶん)にXboxの見た目を改造さしたりとか、そういうのに時間取っとったからなあ…(汗)」
「まあ、テレビの話はそれくらいにして…まずは外観。これはGAMEwatchさんの記事がいちばんいろんな方向からの写真があったかと。
ちょっと前からリークされてた形そのままかな?」
  マイクロソフト、「Xbox 360」ハードウェア編 丸山嘉浩氏「日本で成功しなければ成功したと言えない」(GAMEwatch)
「テレビで見たときも思うたけど、結構小さなったな」
「それでもPS2が縦7.8x横30.1x奥行18.2(cm)なのに対してXbox360は8.3x30.9x25.8(cm)だからねえ…まあ1世代違うハードの大きさを単純に比較していいかはわからないけど」
「PS2(旧)より奥行きは長めか、PS3とかがどれくらいの大きさになるかが気になるとこやな」
「まあ、Xboxでもそうなんだけど、奥行きの長さををあまり気にしてないデザインってのはやっぱりテレビの下のラックに置くとか、
テレビの周りに常時設置するイメージでデザインしてる気はするんだけどね。それなら目に見えるのは縦と横の大きさだけで奥行きってあまり気にならないし」
「MTVのでも前面のパネルを交換してデザインをカスタマイズすることができるとか言うてたし、たしかに正面だけが見えるようなとこに置いとくイメージなんかもな。
そう言うたら他にも『彼女が部屋にゲーム機を置いてると嫌な顔をするんだけど』みたいな話をしとったな。ゲーム出しっぱなしで片づけたりはせんっちゅう事か」
「前面パネル交換って携帯電話とかみたいなイメージかなあ。とにかくあんまりゲームをするときだけ箱から出すみたいなスタイルは意識してないんだろうね。
もっとも、MSの目的は家にPC以外のデジタル家電としてXboxを据え置かせる事だったはずだから、当たり前と言えば当たり前なのかなあ」
「コントローラーはワイヤレスやって言うとったけど、ワイヤレスになった以外は外見的にはあんまり変わってへんな
「んー、十字キーの左側にあったbackボタンとstartボタンが中央に行ってるし、その右対象側にあった黒ボタンと白ボタンがなくなってるけどね」
「…ボタン減ってるっちゅうのはドリームキャストみたいでなんかイヤな予感がするんやが。ちゅうかXboxのゲームするときに困るやろ」
「一応Xboxとの互換は未定って事になってるからね…あ、でも裏側の写真見たらわかるけどLRトリガーの上にそれぞれボタンがあるし、そっちで代替できるんじゃないかな」
「真ん中の出っ張りは電池が入るんやろうってハナシやけど充電池なんか乾電池なんか、どっちやろな」
「充電端子っぽいのがないからなあ…でもどっちにしてもコントローラーのサイズから考えたら単三電池2本ってところじゃないかなとは思うけど」
「あとはスペック面やけど…アカン、数字だけ見ても凄いんかどうか全然わからん(汗)」
「とりあえずメインメモリが512Mってのはたぶん他の次世代機と比べても凄いはずなんだけどね。コストかかるから結構削られる部分のはずだし。
あとは20GBの取り外し可能なハードディスクかな。メモリーカードだけでなくハードディスクも友達の家で遊ぶときに使えるってのは面白そう。
そういえば噂どおり音楽プレーヤーとして使えたりするのかなあ」
「他にも修理とかのときにハードディスクだけ取り外して本体交換したり、逆も出来そうやな。ちゅうかメモリーカードの存在意義がさらに薄れそうやが」
「気になるのはPS3が当初の予定通りブルーレイディスク(50GB)を使うとすれば今回もDVD-ROM(9MB)を使うXbox360は容量的にはやっぱり不利かなあ
次世代機は表現能力上がる分だけ表現を補うためのムービーに頼る部分減るだろうし、そうなれば多少は容量少なくてもなんとかなるかもしれないけど…」
「まあ、足らんかったらPSとかの頃みたいにディスク2枚組とか4枚組とかすればええだけの話やろ」
「んー、でもそれはそれでイヤだなあ…(汗) 」
「あとは対戦部分か、64人対戦ってなんか凄そうやけど」
「今のXboxが基本が8〜16人だから4倍以上だよね。極端な話学校でクラス対抗戦だって出来そうだけど
「全員がXbox360を買うやなんて可能性は限りなく低そうやが」
「…それは言わない約束で(汗) まあ、でもXboxでも1台あたり2人オンライン参加できたりしたし、Xbox360でもそれくらいは出来ると思うんだけどなあ。
とりあえず私としては、人がいないと対戦の楽しみも半減なんで、Xboxよりたくさん、せめて名前通り360万台くらい日本で売れてくれると嬉しいんだけど…(汗)」
「まあ、そのへんは結局ソフト次第やろ。なんやかんや言うてもPS3はPS2までの積み重ねもあるし、そうそう簡単にはシェア奪い取れるもんやあらへんやろうし」
「日本向けに発表されたブルードラゴンロストオデッセイもまだイメージ映像っぽい段階だったしなあ…
ナイティナイン・ナイツの写真のあの大軍が動くんなら凄そうだとは思うんだけど。そういうのこそどうやっても現行機じゃ無理な事だと思うし」
「まあ、なんにせよソニーと任天堂の次世代機の方も発表されんとどないなるかはちょっと考えにくいとこやな」
「それぞれ来週の15日と16日に発表するみたいなことが新聞には書いてあったけど…でもPS3が年末発売の可能性ってブルーレイの事もあるし難しいと思うんだけどなあ…」

2005年6月17日 夜中にうるさいかの方、もとい、蚊の方の対策っぽく
「はーい、みなさん元気ですかー? 私はぐったりです、おやすみなさい」
  ずべしっ!
「まだ早いわ!」
「だって、気温の変化の激しい時期は私苦手だから。見に来てくださってるお客さんにも見苦しい姿を見せるわけにも…」
「…大丈夫や、見苦しいのは普段からのことやから」
「あ、そっか。じゃあ大丈夫だよね…って誰が普段から見苦しいってー!?」
   
「まあ、そんなわけでちょっと時期的にぐったり気味なんですが、今日は丁度いい時期なんで蚊の対策の話題でも」
「もうだいぶ前から蚊はおるけどな」
「でも本格的に増えるのここからだからね…基本的に蚊は水の溜まってる場所に卵を産むんで
梅雨であちこちに水たまりが出来る今の時期こそ本格的に対策を仕掛けるべきかなー、と」
「まあ、一理あるか。それで?」
「まず室内での直接的な対策、蚊取り機。まあどれかひとつは買っておいた方がいいかなあと思ったんですが
ドラッグストアとかで見てみると結構種類があるっぽいのでちょっと迷いましたが、実際の効果は使い比べでもしてみないことにはわからないので
とりあえず使い勝手とコストパフォーマンスを重視しての選択をしてみようかな、と」
「…いや、実際の効果を調べてこそのVNIやないんか…?」
「…じゃあ、みさき今から蚊を集めてきて刺されながら実験してくれる?」
「今の発言キャンセルで」
「まあ、殺虫剤も蚊取り線香も蚊取りマットも液体蚊取りも電池式蚊取りも原理はそれぞれ違っても蚊に有効なピレスロイド系の薬剤を空気中に散布することで蚊を落とすという結果には変わりはないわけだから、どうやってそれを散布するかの違いの問題で」
  ・「殺虫剤」スプレーから直接霧状の薬剤を噴霧
・「蚊取り線香」線香を燃やすことで練り込まれた薬剤を空気中に散布
・「蚊取りマット」電気的に熱することでマットに練り込まれた薬剤を蒸散、空気中に散布
・「液体蚊取り」毛細管現象で芯に吸い上げられた薬剤を蒸散して空気中に散布
・「電池式蚊取り」カートリッジに充填された薬剤を電池式ファン(カト○スは遠心力)で空気中に強制排出、散布
「うろ覚えだけどだいたいこんな感じ」
「電池式言うたら前に蚊よけのやつがあったな、玄関に置く芳香剤みたいなやつとかも」
「でも虫よけって書いてあるのは直接肌にスプレーするの以外は本当に効くのか微妙かもしれないからねえ…
そういうのってたいていパッケージよく見たら『効果:ユスリカ・チョウバエの忌避』とかになってるはずだし」
「ユスリカ?」
「ほら、川沿いとかの道のあたりに大軍で特に移動するわけでもないのにずーっと同じところに固まって飛んでる虫」
「あー、ようつばさが気付かんと自転車とかバイクで突っ込んでって目に入りそうになったりするあの虫か」
「…ほっといて(汗) とにかく、保証されてるのはあの手の虫で蚊とかに効果が無くてもしょうがない的なもののはずだから
パッケージの効果とか効能の欄に「蚊成虫の駆除」って書いてある「医薬部外品」指定のを買っておいた方が無難じゃないかなあ」
「で、つばさは結局どれを買うてきたんや?」
「一応、蚊取り線香とかマットは臭いが苦手なんでパス。液体蚊取りはキンチョウ以外のは油性溶剤つかってるから漏れたときのこと考えたら怖いからパス。
去年うちの家で使ってた液体蚊取りがカートリッジが弱くて古いのと交換しようとしたときに液漏れしたりした印象が残ってるしね」
「…ちゅうことは消去法で電池式か」
「一番コストパフォーマンス悪そうだけど結構売れてきてるのか前よりは安くなってる気がするし、扱いが楽そうだし」
  どこでもベープ:電池内蔵カートリッジでお手軽
蚊に効くカトリス:遠心力とファンによる効果的な散布を謳っている
電池でノーマット:最大1080時間用まで存在する寿命の長いカートリッジ
「とりあえず私の知ってるのはこの3機種なんだけど、とりあえず電池面から考えると
どこでもベープ:内蔵電池なので120日用カートリッジでも最後まで交換不要、のはず。
電池でノーマット:カートリッジは最大135日でも電池は45日ごとに交換
蚊に効くカトリス:30日カートリッジ専用機が電池が切れる頃がカートリッジの交換時期とされているのでたぶん30日交換、
(ただし90日カートリッジ等も使えるモデルはACアダプター(別売)でも駆動可)
「ちょっとしたことやけど電池交換の手間がかからへん方が楽そうではあるわな」
「アルカリ電池の電池代+カートリッジ代のコストで考えるとどこでもベープが強そうかな?
他の選択基準で考えると 蚊に効くカトリスはアウトドアでも使えるらしいし、
電池でノーマットは日割りで考えたときの薬剤の含有量がダントツに多かったりしてその分校かが期待できるかも知れないなあ、とか」
「…実際に使ってへんから言葉に自信が全然あらへんな。この企画失敗ちゃうか?(汗)」
「いや、ここからここから!(汗) あまり知られてない殺虫剤の裏ワザを紹介するよ!
「裏技?」
「殺虫剤って、虫が落ちるまで直接スプレーする的なイメージであんまり説明書きとか読まないと思うんだけど
実は相手が蚊なら『部屋を閉め切ってから部屋の中で6秒ほどスプレーをふりまく』だけでOKなんだよ!
「そうやったんか!?」
「うん、説明書きにそう書いてあるしね!
「…なあ」
「…なに?」
「説明書きに書いてあるんやったらそれ裏技って言わんのとちゃうか?」
「…や、やっぱり? でもクラスで聞いてみたら案外みんな知らなかったし…(汗)」
   
「他にも、蚊は10日で卵から成虫になるらしいんで、雨水が溜まってたらに捨てたり、水を溜めてる場所はこまめに入れ替えたりするのも
蚊を増やさないという方向で有効かな? 」
「…それやったら逆にバケツか何かにこれ見よがしに蚊が卵産みやすそうな水たまりを作っといてやな、
数日おきにその水たまりの水をアスファルトの上にでもぶちまけて蒸発さしたったらええんちゃうか?」
「良さそうだけど、それ水撒くの忘れたら一気に蚊が大量発生しそうな気が…(汗)」
「…まあ確かにつばさは忘れっぽいから向いてへんかもしれんが…」

2005年6月21日 バトンが回ってきました
「休止中…なんですけど。セラちゃんからVIDEOGAME BATON回ってきたので限定復帰しまーす。」
「…止めるとディスプレイからなんかよくわからんモンが出てきてえらいことになるらしいからな…」
「…それはヤだなあ…」
1.Total volume of game files on my computer (コンピュータに入ってるゲームファイルの容量)
「えーと、今調べた約3GB、ですね。 2年前くらいにインストールしたネヴァーウィンターナイツが大半で、あとはメルブラとか入ってます。
基本的にギガバイト単位のインストールってイヤなんでなるべくゲーム機に移植されてから遊んでいるのであまり多くはない方かと…」
「何か全然面白ない解答やな…(汗)」
2.Game playing right now(今進行中のテレビゲーム)
「えーと、『積んでいる』状態になってない、という意味で言えば、
ジェイドエンパイア(Xbox)
脳を鍛える大人のDSトレーニング(DS)
魔法先生ネギま! プライベートレッスン ダメですぅ 図書館島(GBASP)
 かな? 」
「三段オチやな」
「…ち、違うよ!? そんなんじゃないよ?(汗) ネギま初回特典のCDの通販ネタの商品っていったい何なんですかとか考えてないし!(汗)」
「落ち着け、アンタ今ドツボはまっとる」
「あわわ…(汗)」
3.The last video game I bought(最後に買ったテレビゲーム)
「土曜日に買ったばっかりのジェイドエンパイア(Xbox)だね」
「もう4日早かったらここも魔法先生ネギま! プライベートレッスン ダメですぅ 図書館島やったのにな…」
「…なんでそんなに残念そうなの…?(汗)」
4.Five video games I play to a lot, or that mean a lot to me(よくプレイする、または特別な思い入れのある5つのテレビゲーム)
「5つか…難しいなあ。
とりあえず3Dの箱庭マップ型のゲームから『トゥルー・クライム(Xbox/PS2)』を1本目に。
アメリカの刑事ドラマ的なノリとXbox版ではカーステレオ以外のBGMも自由に指定可能なあたりがGTAよりも好きなので

Xboxでは他にも「メタルウルフカオス(Xbox)」がお気に入りです。これ採算取れてるのか心配なんですけど…(汗)
クーデターを起こした副大統領率いる米軍をパワードスーツで蹴散らすアメリカ合衆国大統領! ステキすぎます!

あと3D系では『ガチャフォース(GC)』も外せないところかな? 合体・変形メカも含めた200種類以上のガチャボーグでのスピード感のある戦闘は好きです。

RPGはドラゴンクエスト3も捨てがたいんですがノリ優先で『ワイルドアームズ 2ndイグニッション(PS)』で。キャラも世界観も大好きなので…

え、あと一本? …『ガーディアンヒーローズ(SS)』かなあ? たぶんうちのサターンのゲームで一番稼働時間が長いお気に入りです」
「格闘ゲームが入ってへんな」
「入れるとしたらカプエス2かKOF'98かなあと思ったんだけどガーディアンヒーローズの方を入れちゃったんで…」
Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)
「5人かぁ…うーん…ふと気付くと周りの方のほとんどがサイト閉じちゃったり更新止まってたりだから難しいなあ…」
「アンタが言えた立場や無いけどな」
「鉄子さん…はもうセラちゃんの方から回してるからダメか…
よーし、ゆきにゃんよろしく…ってもう回ってるー!?Σ(゚□゚;」
「あとアンタの知っとる現役のサイト持ちっちゅうたら…」
「えーっと、じゃあ…
ななぴー(だってやってらんないじゃ〜ん)
セリー(一般人無双R)
 あとは…もう気軽に声かけられるところがないんでここからは疎遠だけど
関西系VNIつながりで
晴子さん(晴子28歳 in Blog)
ROドメインつながりで(ぇー
レイホウ様(バーチャルネット大司狂レイホウ19歳)
「ムチャクチャやな…(汗)」
「でも、ディスプレイから謎の軟体生物が触手を伸ばしてきたら怖いし…(汗)」
「…せやけど、実際問題こっからバトンが続くと思うか…?」
「…ひ、ひとりくらいなら、お情けで受け取ってくれるんじゃないかなあ…(汗)」
「…つばさ、現実を見なアカンで」
「…う…(汗)」

2005年6月24日 またバトンがー!?
「いや、だから休止中なんですけど。まりす先生からMusical BATON回ってきたので
早いうちに答えないとバトン回す相手の選択肢が狭まる危険性があるんで即行解答しないと、というわけで再度1日限定復帰しまーす」
「…ところで、みたところマリスはVideogameBatonを4人にしか回してへんな」
「私にはMusicalBATONだけって言ってるもんね」
「ちゅうことは、今ごろゲーム本体やパソコンのモニタからウニョウニョと幾何界生物湧き出て飛び出たりして取り憑かれたりしてる頃やな」
がんばれ、まりす先生
1.Total volume of music files on my computer(今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
「えーと、今調べた約5GB強、というところかな? 2年前くらいにインストールしたネヴァーウィンターナイツが大半で、あとはメルブラとか入ってます。
基本的にギガバイト単位のインストールってイヤなんでなるべくゲーム機に移植されてから遊んでいるのであまり多くはない方かと…」
「ゲーム(3GB)より多いんやな」
「ただ、必要なときに見つからなかったりで重複してエンコードしてる物があるっぽいので実質的にはもうちょっと少ないかも。
基本的に移動中くらいしかBGMを必要としないのであんまり多い方じゃないんじゃないかなあ…」
2.Song playing right now(今聞いている曲)
聞いてないです(汗)
家だとなテレビを付けっぱなしにしてBGM代わりにしてるんで…」
「確かにアンタはホンマにCD買うて来たばっかりの時くらいしかかけてへんもんなあ」
「音楽聴きながら、とかラジオ聴きながらだとなんか集中できないんで切っちゃうんだよね…(汗)」
3.The last CD I bought(最後に買ったCD)
「…麻帆良学園の夜(魔法先生ネギま! プライベートレッスン ダメですぅ 図書館島初回特典)…かな?」
「…アホか!同じネタを2回も使い回すな!」
「いや、ネタじゃないよ!? そんなんじゃないよ? 未だに闇の主の意味がわからないとか考えてないし!(汗)」
「ちゅうか買うたっちゅうんか、あれ? あくまで本体はゲームやし」
「うーん、違ったかな…?(汗)」
4.Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
「絞りきれないんで大まかに分けた中から1曲づつ選んでみました。

Oh!Heaven(TOKIO)
TOKIOの曲の中でも特に思い入れが強めです。当時ハマってたドラマ「天国に1番近い男」のEDだったからかな?

あちちな夏の物語り(KOTOKO)
『あけてももかんたまてばこー』 電波系大好きなんでI'veの「SHORT CIRCUIT」からの1曲。

マジンカイザー[スーパーロボット大戦F](水木一郎)
水木ヴォイス&宙明サウンドから1曲。電波系と同じくらい熱い曲が好きなので、このお二人は外せないところ。

Take it Easy(久川綾)
久川綾さんのアルバムから1曲。落ち込んだときに効く感じの曲です。

Conquista Ciela(光吉猛修)
光吉猛修さんのアルバム「From Loud 2 Low」の中で一番のお気に入りです。
前回のVideogameBatonの話と若干かぶるんですけど、Xboxの一部のゲームにはXboxのHDDに取り込んだ曲をゲームのBGMとして
差し替える事の出来るものがありまして(スポーツ系やレース系に多め)、その中でうちで一番稼働率が高かったのがこちらのアルバムでした(笑)
…私がトゥルークライムに対する評価が高いのもひょっとしたらこのアルバムのおかげかも…(汗)」
「…まあ、なんちゅうか、らしいっちゅうたららしい選択やな…」
「ジャンルごとの中で搾ってるから厳密には質問にそぐわない解答になってるかもしれないけどね」
Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)
「だから5人って多いんですよ! 今の私には!(汗)」
「前なんか何の面識もないヒトにまで回す始末やったからな…」
「というか…まりす先生は休止中だったから前回あえて回さなかったのになあ…
ひじき先生にはまりす先生から回してるし、今度こそゆきにゃんよろしく…ってゲームと一緒もう回ってるー!?Σ(゚□゚;」
「…芹の字(一般人無双R)もMusicalBATONはもう回っとるらしいから今回はアカンで」
「えーっと、じゃあ…
ななぴー(だってやってらんないじゃ〜ん) はもうお約束として…
レイホウ様(バーチャルネット大司狂レイホウ19歳)にももう一回お願いするとして…
久川綾さんつながりで
晴子さん(晴子28歳 in Blog)
「ちょっと待て、理由が違うだけで前と一緒やないか!(汗)」
ディスプレイから謎の何体生物が触手を伸ばしてきたときにみさきが引き受けてくれるならうちでバトン止めてもいいけど…(汗)」
あと一人足らんな。誰にするんや?
「なんだかなあ(汗) …とにかく、最後のひとりは
鉄子さん(バーチャルVTパイロット鉄子の部屋) で。
まあセラちゃん同じくぶっちゃけバトンはどうでもいいので更新をという願いを込めて(ぇー」
「…ちゅうか、最大の問題はここでバトン振ってることに気ぃ付いて貰えるかっちゅう事やよな」
「…そ、そうなんだよねー…(汗)」

2005年7月19日 はーいバトンですねー!
「相変わらず休止中ですがセラちゃんからComic Batton回ってきたので以下略
略すな
「止めたときに何が起こるか明記されてないんで今回は余裕を持ってマンガを買ってきてから解答させていただきましたー」
「しょっちゅうマンガ買うてるから前に買うたのがどれかわからんようになってたとか言えんもんな」
「そこ、内部事情をばらさないッ!
1.Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)
「えーと、本棚…えーと…数えるのキツイんで約60冊x6段で…だいたい360冊…かな?」
「押し入れにもまだ収納ボックスに詰めてあるのがあるやろ」
「…本棚に入ってる冊数だし、そっちは数えなくていいんじゃない?」
「そっちの数まで数えたらえらいことになりそうやしな」
しーっ
2.Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)
「…幾つくらい挙げるもんなんだろう?」
「とりあえず挙げてみ?」
「えーと…私結構雑誌読んでるから各誌合わせたら30作くらいあるんだけど」
「せめて1誌1冊に絞れ
「えーと…じゃあ…コミックスで読んでるのも含めて…(だいたい発売日順)
武装錬金(ジャンプ)
魔法先生ネギま!(マガジン)
道士郎でござる(サンデー)
ギミック!(ヤングジャンプ)
無敵看板娘(チャンピオン)
絶望に効くクスリ(ヤングサンデー)
義経ちゃん剣風帖(ヤングキング)
サトラレ(イブニング)
王様の仕立て屋 〜サルト・フィニート〜(スーパージャンプ)
戦線スパイクヒルズ(ヤングガンガン)
仮面のメイドガイ(ドラゴンエイジ)
鋼の錬金術師(ガンガン)
ぱにぽに(Gファンタジー)
破壊魔定光(ウルトラジャンプ)
仮面ライダーSPIRITS(マガジンZ)
妄想戦士ヤマモト(ヤングキングアワーズ)
アキバ署!(アフタヌーン)

あと、4コマ系が…こっちは1冊1作に絞り込むの難しいなあ… 」
「…そのへんにしとき(汗)」
「えー…」
3.The last comic I bought(最後に買った漫画)
「というわけで昨日買ってきたのは義経ちゃん剣風帖の2巻」
「…いつもに比べると少ないな」
「近所で買わない代わりに梅田とか日本橋あたりで1〜2週間分をまとめ買いするからどうしても多くなっちゃうんだよね…」
「…いや、普通は1〜2週間分まとめ買いしてもそんな多くはならんのやが」
4.Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me(よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)
「今面白い漫画と分けてあるって事は、こっちはもう完結してるマンガって事でいいんだよね?
でも5つってのが厳しいなあ…

プリティフェイス
明稜帝 梧桐勢十郎
炎の転校生
MAYA 真夜中の少女
ヨガのプリンセス プリティー・ヨーガ

あたりかなぁ…(汗)」
「タイトル挙げるだけかい」
「いや、私感想とか書くの苦手だし…」
「そう言うたら小学校の頃に読書感想文が全然書かれへんで残されとったな」
余計なことは言わないでいいから!
Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5名)
「さあ、今回は真面目に回すよ!」
「…ちゅうか、今度こそまともに回せ
「だって、前回までは回そうと思う人に回ってたり、休止中だったりだったから…(汗)」
「…まあ、まだこっちはあんまり回ってないみたいやからチャンスではあるな」
「そだね。ってことで今回は
ななぴー(だってやってらんないじゃ〜ん)
ゆきにゃん(めたもるゆきにゃー)
まりす先生(Be Nice'n Easy)
ヒェミちゃん(ヒェミ16歳)
鉄子さん(バーチャルVTパイロット鉄子の部屋)

の5人の方に…鉄子さんはちょっと厳しいかな…でもとりあえず更新して欲しいから見かけたらお願いしてみよう…最近見ないけど…(汗)
ヒェミちゃんも更新止まってるけどまあどんな解答するか気になるからお願いしてみよう、ムリヤリにでも
あと、まりす先生は休止中だけど私も休止中にまりす先生からMusicalバトン貰ったからお返ししておこうかな、と(ぇー」
「…ちゅうか、これって内容的に同人誌は含んでないんか?」
「…含んでたら私さらに大変なことになるんだけど…(汗)」
「まあ、それは同人誌バトンが来たときでええやろ」
「…いや、そんなバトンはないから…ないよね?(汗)」

2005年9月7日 バトン解答専門サイトはこちらですか?
「いやだから休止中なんですけどゆきにゃんから萌えバトンとやらが回ってき以下略
だから略すな
「というわけで今回私からバトンを回す相手は館長ななぴーまりす先生ヒェミちゃん鉄子さんの5人に」
「いやそれ最後やから!」
たまには変化をつけないと飽きられるよ!
「飽きるもなにも飽きるほど注目されてへんて!」
泣きたくなるような事をさらっと言わんといてくれる!?(泣)
1.萌え属性を正直に答えよ
「えーと、まず檜山さんボイス属性
「なにその超ピンポイント属性。
…ちゅうか檜山さん檜山さん言うとるけど檜山さんかて(トーンの)ローギアは豪和ユウシロウからトップギアは獅子王凱まであるやないか」
「…みさきってさ。人のこと散々おたく扱いしてるくせに、なんでガサラキでの役名まで知ってるの?」
「…(無視)…他にも別方向のハイトップギアとしては斑目部長とかもおるやないか。そのへん一言で檜山ボイスいうてもどのあたりを指しとるんかがやな」
いや、みんな好きだし
「…いや、まあ、ええんやが。ちゅうか、それは萌え属性っちゅうか燃え属性やないんか? 設問的に間違ってへんか?」
「え、じゃ、じゃあ私属性晒し損!?」
せやな。まあ、それとは別に萌え属性を挙げればええだけで」
「ううう…(泣) でも萌え属性とは言ってもピンとこないというか…
「…じゃあアレや、方向を変えよか。別名『萌えのカタログ』ことネギまのクラスの子から可愛い思うてる子を挙げてみ」
「…んー、えーと。じゃあ『長谷川千雨』『和泉亜子』『桜咲刹那』(敬称略)あたりで」
サラッとフルネームが出るんやな
「余計なところに突っ込まないでいいから
「その3人やと赤面症ネットアイドル属性と、ミニスカ猫耳ナース属性と、猫耳スクール水着属性やな」
「…思うんだけどさ、こういう特定の作品を知らない人には意味不明なネタを振りまくるのが私らの駄目なところじゃないのかと…」
「じゃあもう3人の表面的なとこで関西弁属性眼鏡属性でええやん。つまり両方アンタそのものの属性か。このナルシスト!」
「誰が!?」
「…よし、っちゅうことで次行こか」
「いや、変な結論出して進行しないでってば!」
2.萌え衣装を答えよ
「さっき言うたようにミニスカナースとスクール水着で」
違うから
「もうどうせ思いつかんいうてうだうだ引き延ばすだけやねんからそういうことにしとけばいいやん、早う済むし
そういう問題じゃないし!
「じゃあ、なんかあるんか?」
「あー…強いて言えばスカートの似合う子は羨ましいよねー」
「それは羨ましいだけで萌えとか関係ないんちゃうか…?
3.萌え小道具を答えよ
「…小道具?」
「前のゆきにゃんとこの解答を見るに、眼鏡とかネコミミって言うといたらええんちゃうか?」
「だからなんでネコミミが出てくるのかと」
「眼鏡は否定せんのやな。まあ自分でも掛けとるくらいやからそら好きなんやろけど
「いや、眼鏡は好きとか嫌いとかの以前に私コンタクトとか駄目なの! 目に直接レンズつけるなんて怖いよ!
今日の『たけしの本当は怖い家庭の医学』見たでしょ? 角膜性びらんとかいう病気! 怖いよ!」
「…さっき知らんモンには意味不明なネタを振りまくるのはどないかって自分で言うたん忘れたか?」
「あ…」
4.萌え仕草を答えよ
「なにこれ」
「…萌える仕草、やろ?」
「…なんかさらにピンとこないんだけどなあ…」
「玄関口で三つ指立てて『おかえりなさいませご主人様』とか」
「いや私メイド萌えじゃないし」
「…いや、メイドは三つ指立てんやろ」
「…そうなの?」
「三つ指は和風建築のもんやし、メイドは洋風建築のもんやろ」
「そんな事を言われても…」
5.萌え場所を答えよ
適当なこと言うてうやむやにして進行すんのもそろそろ限界やな…」
「いや、それバラしちゃ元も子もないというか、設問の意味が本当にわからないんだけどなあ…
これ…場所に萌えるの? どういう意味…?(汗)」
6.バトンを渡す5名
「えーと、最初に挙げた5人さんで…と思ったけど…ななぴーはもうこれ解答済みだったんだよね…」
「じゃああと一人どないするんや?
「んー、まあよく見たら人数指定されてないし別に四人でもいいかなー、と。
セラちゃんにお願いするって手もあるけど、セラちゃんにはこのバトンは酷な気がするんで…」
「まあお願いしたら答えてくれはるとは思うんやが、さすがに気は引けるとこやな
「あと、ちょっと記憶が曖昧なんだけど、館長も以前にもう答えてたようなもしくはこの手のバトンはもう受けないって言ってたような…」
「どっちやねんな(汗)
「どっちだったかハッキリしないんだけど。まあどっちにしても無理そうならスルーしてくださいと言うことで」
「ちゅうか、どっちか片方でも確実やったらアカンと思うんやが」
「あと、鉄子さんも答えにくそうならスルーしてください。自分が答えに困っただけに無理強い出来ないというか…」
「…まあ、結局アンタは答えになってへんグダグダ解答やしな」
「あ、あとのお二方(まりす先生ヒェミちゃん)は強制で
アンタ鬼か

2005年9月21日 バトン(略)
「(前略)休(中略)(中略)(後略)」
「要約すると現在このサイトは休止中なんやけどПсиさんから声優バトンが回ってきたんで解答するで、と」
「要約も何も私が言ったのそのままだよ?」
じゃあ略すな
1.あなたの持っている声優関連グッズはどのくらい?
「例によってどこまでがグッズの範囲なのかがわからないんですが。
とりあえず声優さん名義のCDからアニメイトで売ってるようなラミカを通過して赤いクリップ(関東ならピンク)までをグッズと規定して」
「最後のクリップが意味不明なんやが」
「今あるのはCDが数枚、程度かなあ」
「いや、だからクリップって何の話や」
2.今はまっている声優は?
檜山修之さんやな、はい次」
なんで勝手に答えるかな!
「間違うてへんやろ」
3.最後に聞いた声優の声は?
「…さっき帰り道に音楽聴いてたときにJAM Projectの曲が出たから松本梨香さん
「…そんな答でええんか?」
「でもこれ、設問的にどうなんだろう。
『まさかのミステリー』見終わった直後だったら郷里大輔さんだったり
『ウチくる!?』見た直後だったら三石琴乃さんだったりするわけで
4.好きな声優五人について語る

「最近あんまり聴いてないんですけど、基本的に私は役の幅が広い人とか、ラジオのトークのノリで好きになったりすることが多いんですが…

・檜山修之さん
まあ、私を知ってる人に対しては今更語るまでもないんですが(笑) 熱いキャラが好きなので檜山さんは絶対外せません。
檜山さんに関してはラジオ経由ではなく、たぶん最初に檜山さんの声を聴いたと思う『勇者特急マイトガイン』、その最終回で
ラスボスの『では、お前は正義だと言うのか?』との問いに対しての檜山さん演じる主人公の何の迷いもない
『当たり前だぁッ!』を聴いたときにすり込まれたんだと思います(まあ、1年間の積み重ねあってのものではあるんですが…)

・久川綾さん
最近は全然そうでもないんですが、儚げなキャラが多かった頃に聞いたラジオで『大阪の気さくなお姉ちゃん』的なそのノリに。
かなりギャップを感じつつもそこがまた好きでした。またラジオやってくれないかなあ…。
余談だけど先週のアキバ王選手権の見どころって久川さんが出てきたところと井上喜久子さんの『じゅうななさい』くらいかと(ぇー

・千葉繁さん
キレた演技が大好き。ビーストウォーズでのアドリブの炸裂ぶりが特に好きー。
この間ファミリー劇場でチラッと見た『チックンタックン(だったと思う…)』のエンディングの曲が一度でいいからフルコーラスで聴いてみたいなあ…

・桃井はるこさん
私かなり電波系ソングが好きなんで声が脳にすり込まれちゃってるんですよねー(笑)

・塩沢兼人さん。
…いや、亡くなってるんですけどね(泣) ギャグキャラからクールな悪役までの幅広さが好きです。
特に好きなのはだいぶ前にBSだったかで見た『未来警察ウラシマン』の『ルードヴィッヒ』あたりかなあ。悪の美学。

…こんな感じかな? 他にも好きな声優さんは結構居るんだけど…」

5.次にまわす人
ななぴー。あと前回萌えバトンでかなり苦戦させられたのでゆきにゃん
あとは…まりす先生ヒェミちゃんはまだコミックバトンと萌えバトンも答えてもらってないからさすがに3つも宿題となるとキツイかなー…」
「…じゃあ2人にしとくか?
「と見せかけてまりす先生ヒェミちゃんにも当然回しておこうということで」
鬼やな
「本当はこういうのこそ館長鉄子さんにも聞いてみたいんだけどねー…うーん」

2005年12月31日 年末恒例行事(ぇー
「えーと…」
「要約すると現在このサイトは休止中なんやけどバトンが回ってきたんで解答するで、と」
「…バトンじゃないよ?」
お、珍しいな
「今日は『終わりよければオールオーケー! 恒例大晦日更新。』だよ〜。どんどんどんどん・ぱふぱふ〜・ちゃらららっちゃら〜ん☆
「…なあ、のの姉、軽いデジャブ感があるんは気のせいやろうか」
「…去年よりはファンファーレ豪華にしたよ?
「いや、そうやなくて…」
「あなたはそうやっていつもいつもお姉さまの言うことに難癖を…」
「…いや、難癖というか…
「…ちゅうかひかりんもえらい久しぶりやなあ」
「お黙りなさい、おたく星のふたご姫
誰がや!
「…まあ、姫ってガラじゃないよね」
「論点がちゃうわ! 誰がおたくかと!」
「だってアナタはげんしけんの荻上さんとか、こみパの瑞希さんみたいな立ち位置じゃないですか」
「ウチはマンガ描いてもコスプレしてもおらんわ!」
「…前にも言ったけどさあ、そういうネタを理解して反応してる時点で、ラインをまたいじゃってると思わない?
やかましい!
「ん、なんか賑やかだね、きょうは?」
「そうだね〜」
「ちょ、ちょっとストップ! みんな待って、待って!
「…なんや?」
「いや、このままだとまた収拾がつかなくなるし。のぞみ姉ぇとか久しぶり過ぎて見てる人誰だかわかんないよ?
「なるほど。確かにそうでしょうね」
じゃあ、みんなの紹介しとけばいいよね? まかせて!」
 
レッドレンジャー・つばさ
ブルーレンジャー・みさき
ブラッドレンジャー・ヒカリ
グリーンレンジャー・みさき
イエローレンジャー・リル
…やめて(汗)」
「えー、まだ巨大メカの『バーチャル合体キングアールオー』と移動戦艦『ウイングフォートレス』とか…」

もういいから

「ちぇ…」
「…えーと、みさきとヒカリさんは去年やったし、のぞみ姉ぇなら大丈夫だよね、お願いー
「じゃ、紹介するよ〜」
 
相野つばさ
のぞみから託された魔銃だけを頼りに銃魔一族との戦う女子高生
本葉ヒカリ
大学生。その内包する魔力と、結城のぞみに親しいという立場に目を付けられ銃魔一族幹部の依代にされた
結城のぞみ
ヒカリの先輩。銃魔皇帝の依代とされることを恐れ、自らを永久氷壁に封印する
宍戸リル(リル・ダイア=トラス・スィーサイド)
銃魔一族を封印する『鍵』の力を持つスィーサイド王家…
のぞみ姉ぇストップストップー!
「…なんやその陳腐なライノベ風設定は」
「のぞみ姉ぇ。余計な情報を流して見てる人を混乱させるのはやめて、お願いだから(汗)
「あ、うん、そうだよね〜。ごめんね」
「あああああ、また去年と同じ展開だよ…えーと、私たち5人についてはこのページの一番上の1行紹介を参照してください(汗)」
「…最初からそうしとけばええ話やないか」
で、今年もアレやるのかな? 10大おすすめゲーム」
「…んー、無理だと思うよ?(汗)
「なんで?」
「そこに積んであるゲームの数数えてみて?」
「…1、2、3…(略)…9!?(汗)」
「うちで開けたゲームの数自体がソレだから10大オススメは物理的に不可能なんだよね…」
「…そんなこと言うてる間にあと数分で今年終わりなわけやが」
え、嘘、もうそんな時間!?(汗)」
「あわわ、と、というわけでみなさんよいお年を〜
「つばさちゃん?」
「なに?」
「来年はちゃんと更新しようね?」
「…うん(汗)」

2006年4月1日 史上最大の危機
「さあ! 今日から新年度。このサイトも心機一転や!」
「え、何? しんそーかいてん?」
「…まあ間違ってはないな」
「あのー…」
「何や?」
「サイト間違ってますよ、ここはつばさあーるおーで…」
そんな過去のサイト名は知らん!
「か、過去!?」
「3ヶ月も放置したら無料スペースやったらデリ食らってもおかしないんやで!?」
「いや、その、うち無料じゃないですし、というか無料スペースってまた懐かしい言葉を…(汗)」
「ともかく、そんなわけでこのサイトは死んだとみなしてウチが再建する!」
勝手に殺さないでください!
「まあ、よう考えてみ、ウチとアンタが無敵タッグを組めばやな…」
「…相手が私な時点で無敵という言葉の対極に立ってる気が(汗)」
「そうよねー」
「同意されるのはされるのでかなり悲しいなあ…(汗)」
「よっしゃ! じゃあこうしよう」
いや、それはちょっと…
  スパーン!
「まだ何も言うてへんわ!」
「いつも思ってたけど、どこから出したんですかそのハリセンは!」
関西人の標準装備や!
「間違った関西のイメージを広めないでください!」
「とにかくや! 今日からはウチがついてビシビシ指導したる!
結構です!
そやろ、結構な話やろ? じゃあ決定っちゅうことで」
20世紀の悪徳商法みたいな曲解しないでください!」
「ウチが指導するからにはそうそう更新サボらしたりせんからな、覚悟しときや」

「誰かたすけてー!」



2006年4月2日 はいはいワタヌキワタヌキ
「というわけでエイプリルフールでした」
「お疲れさん。まあホンマに鍛えたってもええんやけど」
「いや、それは(汗)」
「まあ、版権とオリジナルの会話ほど端から見ててイタいもんはないからやめといた方が無難やな」
「…そうですね(汗)」