2004/05
            1
2
5月注目&4月購入
3
メモ(ぇー)
4 5
つかさあーるおー(ぇー) 
6
Xbox版GGXX#リロード
7 8
9 10 11
アリアンロッド
12 13
よりぬきE3(注:偏ってます)
14 15
16 17
かたよりぬきE3
18 19 20
1万Hit
21 22
23 24
ダンジョン&ドラゴン
25
とらのあな梅田店
26 27 28
スパロボシリーズ累計で1000万本突破
29
30 31          

2004年5月2日 5月注目&4月購入タイトル
ええと、ほぼ2週間ぶりの更新になってしまいました、ごめんなさい(汗)
ここ一週間ほどは気温の変化が激しくてちょっと体調崩してしまいました。みなさんも風邪にはご注意下さい。
…いや、その。前半は私の部屋の蛍光灯が切れたせいなんですけど。暗いとモニタ見てると目が疲れて…(汗)

さてさて、今日は月初めなので例によって今月発売予定の個人的に注目してるゲームのご紹介に加えて、
先月うちで購入したゲームをご紹介しようと思います。 まずは今月発売予定のゲームから。

5/20 クリムゾンスカイ(Xbox) 7140円(税込)

体験版で遊んでますが、XboxLIVEで遊べる環境があればお薦めしたいゲームです。
モチーフは飛行機ですがフライトシミュレータっぽい感じのものはなく、HALOなどの3Dシューティングに上下の概念が
ついたような感じのゲームになってます(とはいえ、さすがに飛行機なんで静止はできませんけどね)
もちろんその飛行機も武器や性能の違う8機から選べますし(体験版では4機でしたが…)
マップ上に停まっている機体に乗り換えたり、地上に点在する砲台に乗り込んで敵機を撃ち落としたりもできます。
オンライン対戦は体験版では自分以外は全て敵の「ドッグファイト」と、2チームに分かれての「チームドッグファイト」
という2つのモードが最大8人で遊べましたが(というか、これだけでもかなり楽しかったり…)
製品版ではこれが最大16人対戦でドッグファイト以外のモードも増え、マップも増えるらしいので(体験版では1つ)
今から楽しみにしているタイトルです。体験版だと英語で何言ってるかわからなかったストーリーモードも気になるなあ…

5/27 スーパーロボット大戦MX(PS2) 8379円(税込)

…ええと、最初の発売予定だった3月の時点で予約済みだったりするんですが(汗)
とりあえず注目点はNintendo64やGBAといった音声の入らないタイトルでは出てくるのに音声の入るPS2等のタイトルでは
作品そのものが参戦していてもいつも出てこないせいで誰か特定の声優さんとモメてるんじゃないのか等の噂もたびたび流れる
機動武闘伝Gガンダムのシャッフル同盟がついにPS2で参戦してきたと言う点に尽きると思うんですが…私だけですか(汗)

と、今月はこの2本だけですね…なんか先月もだったけどちょっと少ないような…(汗)
さて、残りは先月購入したゲームをご紹介して今日の更新は終了しようと思います。


3/18発売 マーメイドメロディー ぴちぴちピッチ ぴちぴちっとライブスタート!(GBA) 5229円(税込)

このゲームに関しては4月5日に紹介したので詳しくはそちらを見て頂くと言う事で。
個人的にはアニメを見てない方にもお薦めしたいゲームです。というか私もアニメ2話までしか見てませんでしたから(笑)
3/18発売 ゼルダの伝説 4つの剣+(ゲームキューブ) 6090円(税込)

ええと、ぶっちゃけちゃいますと最初は半分くらいゼルダコレクション目当てのつもりで買ったんですが…
アイテムを使った謎解きとか、ちゃんとゼルダしています。ハイラルアドベンチャーのモードは多人数用にしてはボリュームがあって
(たぶん初代ゼルダの伝説よりも長いと思います)一人で遊んでも結構楽しめるんじゃないでしょうか。

3/18引き換え開始 ゼルダコレクション(ゲームキューブ) 500(150)ポイント

クラブニンテンドーの景品なので正確には購入したゲームではないんですが(汗)
ファミコンの「ゼルダの伝説」「リンクの冒険」そしてNintenndo64版「時のオカリナ」「ムジュラの仮面」が収録されています。
ゼルダの伝説に関してはファミコンミニでも発売されているんですが、一度リンクの冒険がやってみたかったので
「4つの剣+」を購入してポイント引き換えで頂きました(4つの剣+を買うとひき換えポイントが大幅に安くなるので)
とりあえずゼルダの伝説(表)だけはクリアしたんですが、ヒントが少なくてちょっとキツイのを除けば
18年前に発売されたゲームとかそんな事は全然気にならず楽しめるゲームだと思いました。
…あ、もう一つだけ不満を言えば2コントローラーにマイクがないのでポルスボイスを倒すのがツライです(笑)

ちなみにリンクの冒険は難易度がキツすぎてお手上げ…(苦笑)

4/29 GUILTY GEAR XX #RELOAD(Xbox) 5040円(税込)

…ええと、買ったのは買ったんですけど。最初に言ったように先月の月末は体調を崩してしまっていたのでまだ開けてません(汗)

2004年5月3日 メモ(ぇー)
「さてさて、今日は更新休んでいた2週間の間の面白そうな記事を…」
「紹介するんだねー」
「メモしておきます」
「メモかい!」
「これはこれでどうなるか気になるんだけど、
これ見てそういえばGIFの特許がもうすぐ切れるなあってことを思い出したよ…」
「なんかそんなん聞いた事有るな…」
「特許取得してるUnisys社のライセンス無しにGIF画像を生成するソフトは作れないし
ライセンスのおりてないソフトで作ったGIF画像をサイトに貼るのも禁止らしいよ
…まあ、うちはGIF使ってないからどっちにしても関係ないけど(汗)」
「…ああ、それででGIF画像作れるフリーソフトって無いんやな」
「とりあえず、 6月20日に日本でも特許の有効期限が切れるらしいんで、
そうすれば日本でも画像操作系のフリーソフトでGIFに対応したものが出てくると思うんだけど…」
「でも今度はJPEGがどうなるかわからないんじゃないの?」
「とりあえずJPEGの話に関しては日本では特許おりてないとか聞いた事があるから大丈夫じゃないかな…?」
「『リターン トゥ キャッスル ウルフェンシュタイン』の時も思ったんだけど、ちゃんとローカライズしたらもっと売れそうなのにそれが出来ないってのは惜しい…いや、出るだけマシと考えるべきなんだろうけど(汗)」
「まあ、でもカードゲームそのものやないし、好きなモンやったらそれでも買うんやろうけどな…
っちゅうか、この翻訳無しのワールドコレクションっちゅうのはどれくらい売れとるん?」
「さぁ…そもそもXboxのゲームが売り上げランキングとかに出てくる事自体が珍しいし…
XboxLIVE対応のオンライン対戦がメインのゲームは大抵2000本前後だったと思うんだけど(汗)」
「少なッ!」
「まあ、XboxLIVE会員がXboxの出荷台数の8% (参照元:ItMedia)っていう話だから、
今も同じ比率なら出荷台数が確か44万台弱くらいのはずだから…3万5千人くらいかな?
その中で考えたらそんなもんだろうとは思うけどねー」
「…44万台で3万5千人て…それPS2のネットワークアダプタの出荷台数(50万台)(参照元:QUITER)」にも
PS2のカプコン系のオンラインゲームで使うてるMMBBの会員数(6万人)(参照元:SBG)にも抜かれとるやん…」
「うわぁ…い、いつの間に抜かれてたんだろう…(汗)」
「…モンスターハンターとかゼータガンダムあたりで増えたんじゃない?」
「…エゥーゴvsティターンズは65万本、モンスターハンターは20万本超えたらしいからな…」
「…65万本って…それXbox本体より売れてるし…(汗)」
「三国無双2・3に続いて戦国無双もXboxで登場ですねー。
私去年もうXbox版出ないかなーと思ってPS2版無双3を買っちゃったんで、今回は待っておいて正解だったかな」
「でも、Xbox版は猛将伝が出ぇへんかったやろ、毎回」
「んー、でも3の時は無双本編で十分遊んだ気になってたから猛将伝あんまり面白くなかったし、別に無くても…」
「それ以前に、まだアメリカで発売するのが決まっただけで日本で出るとは限らんのちゃうか?」
「い、いや、それはそうなんだけど…出るよね、出るよね?(汗)」


2004年5月5日 つかさあーるおー(ぇー)
「ふむ…」
「…」
「…」
「…?」
「よし!」
「何が!?」
「ちゅうか、誰や…」
「こんにちは、つばさです」
「違ッ!?」
「ちょっと待たんかい!(汗)」
「ああ、つばさちゃんだったんだねー」
「信じてる!?」
「だってリルちゃん、本人がそう言ってるんだよ? 間違いないんじゃない?」
「…あの、大丈夫ですか、このお嬢さん(汗)」
「いや、まあ…って、だから誰やねんなアンタ(汗)」
「…じゃあ、今日のヘッドライン行ってみようか」
「人の話を聞けー!」
「嘘ニュース!?」
「ただいまー。なんか騒がしいけど、どうしたの…って…」
「おっ、帰ってきたか」
「…つ、つばさちゃんが2人いるよ!?」
「ええー!?」
「まだ信じとる!?」
「えーっと…どっちが本物?」
「もちろん俺が本物だ、のぞみ姉ぇ」
「これ以上話をややこしくしないでー!?」

「…ええと、こちらは脳内派生嘘彼女の館長こと、高瀬司さん」
「はじめまして、気軽にご主人様とかダーリンと呼んで頂いて構わんので」
「おっけー。つばさちゃんことゴ主人様トカダーリンさん、だね?」
「…いや、やっぱり今のナシで(汗)」
「で、今日はなんの御用です、館長?」
「昨日の夜の事を忘れたとは言わせないが?」
「…うっ」
「き、昨日の夜って!?」
「うむ、ご想像にお任せしよう」
「か、館長ッ!?」
「そ、それって…」
「まさか…まさか夜中に麻雀勝負して、負けたつばさちゃんに罰ゲームさせにきたとか!?」
「見てた!?」
「当たりかい!」

「…いや、本当は罰ゲームとかそんなつもりはなかったんだが、そこのタコ麻雀様
『えーと、今日の罰ゲームは何ですか?』とか聞くし、あまつさえ
『じゃあ、負けた人はサイトのトップページに【私は負け犬ですきゃいんきゃいん】と書くとか』とか言い出したもんで」
「…自業自得かい(汗)」
「うう…(汗)」
「じゃあ、本題に入りましょうか、ダンナ
さあ、約束通り『私は負け犬ですキャインキャイン』と鳴いて貰おうか」
「………」
「聞こえんな」
わたしはまけいぬですきゃいんきゃいん
「ダメだ、声が小さい」
「わたしはまけいぬです…きゃいんきゃいん」
「感情がこもってない! あーもう、俺が手本を見せてやる!
『私は負け犬です、キャインキャイン』 こうだ!」
「…わ、わたしは負け犬です…きゃいんきゃいん」
「…ふむ、恥じらいっぷりは多少萌えだが、そうじゃない。こうだ。
私は負け犬です、キャインキャイン』 わかったかね?」
「え、えーと…(汗)」
「あーもう、もう一回やるからよく見なさい。
私は負け犬です、キャインキャイン!』 こう!」
「…司、なにやってるの?」
「いや、軽くサイトジャックと罰ゲームをな」
「罰ゲームって、司の?」
「どこを見たらそんな感想が出てくるんだ」
「いや、どこからどう見ても…」

「…とまあ、こういう訳です。加奈さん」
「余所の家まで来て何やってるのかと思ったら…」
「いや、まだこれは序の口、今日のメインはこのルーサーわんこ様用の、これだ」
「く、首輪!?」
「うむ、犬にはやはり首輪だろう。さあ、かけたまえ」
「え、いや、それはちょっと…(汗)」
「さあ」
「いや、あの、その…(汗)」
「さあ!」
  ガチャリ
「うお!?(汗)」
「ええと、それじゃこれで失礼しますね。お邪魔しましたー(ずるずる)」
「ちょ、ちょっと、加奈サンッ!? その向きで引きずられると首が気管が頸動脈がうべげはァァッ!?(ずるずるずる)」
「さ、さようならー…(汗)」

「あれ、つばさちゃん首輪に繋がれてどっか行っちゃうよ?」
「いや、だからつばさお姉ちゃんじゃないってば…(汗)」

2004年5月6日 Xbox版ギルティギアイグゼクス#リロード
「ボエー(注:本当に人が死ぬ殺人音楽)」「アンコールはいかが?」ときて、モンスターの名前が「ビチビチ=ビッチ」
…凄い、すごいよ今週のカオシックルーン!
でも、カオシックルーンのカードゲームってピッチのおもちゃ出してるタカラの子会社になったブロッコリーだけど…いいの?(汗)

…ともかく(汗) こんにちは、つばさです。 今日PCが一時的に起動しなくなってちょっと焦りました…

さてさて、買ってからちょっと間が空いてしまったんですがXbox版ギルティギアイグゼクス#リロードなんですが、
格闘ゲーム下手な私には難易度一番下のBeginnerモードでもラスボスがちょっとやそっとじゃ倒せなかったり…
…そういえば、以前プレイステーションで最初に出た無印ギルティギアもボスが倒せなくて諦めたような(汗)

まあ、そんな私でもXboxLIVEでじっくり待っていると、たまに同じくらいの実力の人と遊べたりするのでちょっと安心です。
…まあ、そういう方が他のゲームに行ってしまったり、上手くなっていったりしたらと思うと先が少々不安ですが(汗)

無印以来遊んだ事がなかったんでよく知らなかったんですが、今回のXbox版、PS2版イグゼクスには収録されていながら
PS2版#リロードには収録されていなかったストーリーモードが搭載されていたり、オンライン対戦も出来ますし、
さらにゲーム上のXbox本体の言語設定を韓国語に変更する事で、
音楽・キャラボイス・ストーリーモードのテキスト等を韓国版仕様にすることが
可能なので、なかなかお得なパッケージではないでしょうか?

あ、 オンライン対戦に関しては自分のプロバイダや対戦相手との回線の相性によってはラグが発生する事があると思うので、
それ目的で購入を検討される場合はそのあたりを念頭に置いといてくださいね(汗)

2004年5月11日 アリアンロッド
「さてさて、アリアンロッドRPG発売まであと10日を切りましたがいかがお過ごしでしょうか、つばさです」
大場健二アクションポーズ写真集欲しい欲しい欲しいー! リルだよー!」
「好き勝手な事言うとるなアンタら…」
「あ、解説しておくと、アリアンロッドRPGっていうのは某MMORPGっぽいTRPGです」
「いや、解説するんやったらTRPGがどういうもんかっちゅう話からせんかいな」
「じゃあTRPGが何なのかわからない方は次回の更新までの宿題ってことで各自調べておいてねー」
「無茶言うなー!」
「うーん…じゃあTRPGがなんだかわからない方はサイコロといっしょに極楽TRPGさんあたりを参照してください」
「説明放棄!?」
「というか、つばさちゃん今までTRPGの話なんかした事無いのに急にそんな話してるの?」
「いや、その…先月私の部屋の蛍光灯切れてた時期あったでしょ?」
「ああ、つばささんが暗いところでモニタ見てると目が疲れるとか言って更新サボってた頃ですね」
「身もフタも無い事言わないでください(泣)
…とにかく、その頃PCもゲームも控えていたので、今のうちに本でも読もうって事でマリみて読んでたんですが
14巻目の『涼風さつさつ』を読み終わったあたりで、なんか一機に読み進めるのが惜しくなって(ぇー」
「惜しくなったというのがよくわからないんですが(汗)」
「えーと…なんというか…全部読んでしまうとその後の続きがいくら気になっても新刊が発売されるまで読めないけど
その手前で止めておけば続きが気になってもそのとき読めるという心理的余裕があるというか…
もし、レイニーブルーの時みたいに次の巻にヒキが入ってたらもう気になって気になってしょうがないだろうし…(汗)」
「まあ、レイニーブルー云々に関してはまだ気持ちはわかるんですが…(汗)」
「で、マリみてつながりでその後に読んだのが以前手に入れたガープス・リリアンのリプレイ(同人)で
…あ、リプレイってのはものすごく適当に説明するとTRPGで遊んだ時の様子を文章にまとめたもので…」
「…ホンマに適当な説明やな(汗)」
「…まあ、わからなかったら実際に読んでもらった方がすぐ判るとは思うんだけど(汗)
とにかく、それをきっかけに久しぶりにTRPGのリプレイが読みたいなーと思って本屋さんで見つけたのが
ナイトウィザードアリアンロッドのリプレイだった、というわけで…ちなみに、これなんだけど」
厚さの比較対象としてマリみてを。まだ読んでませんが(汗)

右から、

・アリアンロッドリプレイ 銀の輪の封印
・紅き月の巫女−ナイトウィザードリプレイ
・マリア様がみてる レディ、GO!
・ガープス・リリアンリプレイ 消えたロザリオ

(全て文庫判)

「…なんやこの分厚い文庫は(汗)」
「ナイトウィザードリプレイ、544ページだからねー。しかもそれ参加してるプレーヤーの2人が声優さんだったり
その一人がマシンロボレスキューでしゃべる犬の役の人(ごめんなさいごめんなさい銀河鉄道物語知らなくて(汗))で
もう一人がぴちぴちピッチのかれん様の役の人だったりで、もう!」
「…本じゃ声優さんがやってても声はわからんような気がするんやが(汗)」
「…えーと…(汗) で、でも、インターネットラジオもやってるから大丈夫!(っていうかおととしからからやってたなんて…)
そうそう、アリアンロッドの方もルールブックの発売日まで音声CMを毎日更新なんだって」
「…まあ、結論を言うと要はマイブームだから紹介した、ということですね」
「…ですね(汗)」
「…ちゅうか、このリプレイ見とったら殴りアコやのなんやの、某MMORPGとか言わんとハッキリとラグナロ…くおっ!?」

「…ヨッシャ、ジャアにゅーす紹介ヤ。シバラクヤッテヘンカッタカラさくさく行クデ?」
(あの「間」にいったい何が…?)
「…イスカって2ライン4人構成のせいで画面写真見てるとどうしてもガーディアンヒーローズを思い出してたんだけど」
「私はどっちかと言うと餓狼伝説の2人協力プレーを思い出すんですが…」
「…ジョーさんもボガード兄妹も今と別人の顔だよね、あれ…いや、それはおいといて(汗)
この新モードを見るとますますガーディアンヒーローズっぽく見えてきません?」
「とにかく、家で遊べておまけも付いてるって嬉しいよねー 」
「えーと、私マトリックス1作目しか知らないんだけど…やっぱりキャラ全員アレに管理されてる設定なのかな…?」
「ネットワーク対戦対応になるとそっちに力食われて非対応ゲームよりも制約が多いはずなんだけど、
なんか、ネットワーク対戦非対応の前作より画面綺麗になってるなあ…」
「そんだけハードの性能が引き出されてきたっちゅう事やろ」
「…まあ、確かにHALOはアメリカだとXboxと同時発売だったから、
HALO2の発売予定の11月9日って言えば、まる3年経ってるって事だもんね…っていうかみさき…」
「何や?」
「あ、元に戻ってる」
「…何の話や?」
「ほらさっきアリアンロッドの話してた時に…」
「…そんな話しとったっけ?」
「い、いや、いいや別に、あはは、あはははは…(汗)」

2004年5月13日 よりぬきE3(注:偏ってます)
「さて、昨日更新できなかったので今更なんですが(汗)E3関係のニュースで面白そうな所だけご紹介」
「まあ、まずはこれしかないと思われるんだけど…うーん、こういう携帯モノはのぞみ姉ぇの好きな分野だよね?」
「うーん、どっちも無線LAN対応なのが面白そうだねー」
「ニンテンドー・ディーエス(以下NDS)はローカルで最大16人対戦とか、ホットスポットからインターネット上のゲームサーバーに接続する事も出来るとか…もしかしてXboxLiveのような対戦が外でも出来るようになるのかな?」(SBG)
「マイクもついとるし、ボイスチャットも出来るんかもしれんな」
「マイクは今のところ音声認識用みたいな紹介のされ方みたいだから、どうなのかな?
下の画面はタッチパネルになってるから、お絵描きチャットでもソフトキーボード入力なんかもできるみたいだし
音声認識とあわせていろいろと入力方法が工夫できそうだねー」(ファミ通.com)
「『Nindendo DSはGBA互換&周辺機器に対応OK!(SBG)』という所も、買い換えを考えると嬉しいですね」
「互換性をつけた上で、既存の機種のパワーアップに留まらずに新しい要素を詰め込んだって言うのは
そのまま新しいゲームが生まれる可能性に繋がるから、そういう意味では期待できるかも?
ただ、斬新なコンソールもそれを活かすゲームが揃わないとバーチャルボーイの二の舞かもしれないけどねー…
他はまあアナログスティックがあってもよかったんじゃないかな? タッチパネルで補えるだろうけどねー」
「じゃあ、PSPは?」
「…ええっと、正直に言っちゃっていい?」
「うん」
「…なんか、中途半端というか、何がしたいのかよくわからなくない?」
「…え? だって、ゲームはPS2並っぽいし、映画とかのソフト見れるって言うし。
21世紀のウォークマンってコンセプトはちゃんとしてない?」
「うーん…だって、このPSPのディスクって独自企画だよね?
携帯機でしか見れない映像ソフトって、よっぽど安くない限りはあんまり買おうって気がしなくない?」
「あ…」
「まあ、例えばビデオとかCDみたいにレンタルが普及すれば話は別かも知れないけど、
ウォークマンっていうのはCDだって存在するけど、MDとか、昔はテープとかそういうメディアで自分で録音したものとか
お気に入りを編集したものを再生できるものの方がユーザーとしては受け入れやすいんじゃないかなー…
なんというか、汎用性のない再生専用メディアだけっていうのは消費者に訴えかける力に欠けてる気がするよ?」
「の、のぞみ姉ぇが珍しく饒舌だよ…(汗)」
「お姉さまの新たな魅力…」
「あと、不安材料としては下手にスペックが高すぎるところ、かな?
他にも、モバイルの宿命だけどスペックの高さはそのままバッテリーの保ちの不安さに繋がるし、
そのバッテリーの不安を解消するために大容量バッテリーを積めば値段は上がっちゃよね?」
「液晶が大きいのも価格面と消費電力面の両方に痛手を与えそうですね」
「まあ、液晶とバッテリーと消費電力の問題はNDSにも言えるけどね?
でもCPUとかの性能差を差し引いても消費電力はディスクメディアのPSPの方が大きいんじゃないかな?」
「会場での噂ではPSPは249ドル、NDSは149ドルか199ドルくらいじゃないかって話らしいですね
日本円だとそれぞれ29800円と19800円、もしくは24800円ってあたりかな? 」
「携帯ゲーム機としては29800円はちょっと高くない?」
「あー…せやからこそ『21世紀のウォークマン』言うてるんかもしれんな。
PS2が『DVD+プレステ互換+PS2のゲーム』やったみたいに」
「でも、今回はまったく新規のハードとメディアなんだよね。前機種との互換性はNDSの方にあるわけだしー 」
「…なんか、否定的だねー」
「まあ、でも。ゲーム機だからねー。最後はソフトのラインナップ次第だと思うよー」
「プレステ、PS2と成功しとるからな、売れる事は売れるやろ」
「なんかゲーム画面もPS2並って感じだしねー」
「…性能やグラフィックが優れてたら売れるならXboxはトップシェアだろうと思うけどね(汗)」
「まあ、だからこそ、ある意味PSPの最大のライバルがPS2になる可能性もあるかしれないよー
同じようなゲームが作れるならよりハードが売れてる分ソフトが売れるPS2で出せばいいって考えかたもあるし」
「あ、PSPが推測されとるとおり29800円で発売されたら、PS2より1万円高い事になるんやな」
「まあ、NDSだって19800円だとしても14000円のゲームキューブよりは高いけどねー。
でも、NDSとゲームキューブにはお互いに出来ない事があってそれを補いあえるけど
PSPとPS2の関係にはそれがない気がするんだよねー、もちろん携帯できるというのがポイントだろうし
ソフトラインナップでどう差がつくかとかの可能性は考慮してない話だけどねー」
「ああ、饒舌なお姉さまもステキです…」
「…さて、だいぶ長くなってきたんで後はXboxLive関連を中心に短くご紹介します(汗)」
「よかった…Xbox版スパイクアウトちゃんと作ってたんだ…(泣)」
「XboxLive対応のガングリフォン、『他のプレーヤーとボイスチャットで連携しながら敵との戦闘を楽しめる』ということは
CPU相手に協力して遊ぶ事が出来ると言う事なのかな? …テクモだから日本でも出してくれるよね、ね?(汗)」
「すべてXboxLive対応という事で、期待したいところなんですが…キティちゃん、どんなゲームなんだろう(汗)」
「HALO2の発売日発表の時に見せたタトゥーなんですが、まさかピーターさん本当に彫ってたなんてー!(汗)」
「Xboxで発売されたファントムクラッシュ、ネット対応の新作が出るならXboxだと思ってただけにちょっと残念ですが
PS2であのファントムクラッシュがどう進化するのかは気になりますね。売れるといいなあ…」
「…こ、これは…」
「ゲームキューブ用の新作か…風のタクトとはえらい雰囲気がちゃうんやな」
「…このリンクなら声は檜山さんだよね!?」
「そこかい!」
「っていうか、ゼルダは余程でない限りハズレはないだろうしね…よーし、買おう」
「気が早すぎー! 」

2004年5月17日 かたよりぬきE3  (いや、罰ゲームは私じゃなくて初田さんなんですが…そのあの(汗))
「…なんか、今日いつもの倍くらいカウンタ回ってへんか?」
「え、そ、そう…かな?(汗)」
「なにかあったのかな…」
「さ、さあ…(ま、また罰ゲーム関係だなんて言えない…)」
「と、とにかく(汗) 今日も前回更新以降のE3関連の記事を中心に独断と偏見に基づいてピックアップ…」
「…するとXboxのソフトの話ばっかりになるんやよなあ、アンタは…」
「し、しつれいなー! そんな事無いよ!」
「どうやろか…」
「grand theft auto double pack(以下GTAダブルパック)は北米では去年発売された
GTAシリーズ3作目のGTA3と第4作・GTA VicecityがワンパッケージになったXbox版GTAなんですが… 」
「…やっぱXboxやん」
「みさき、うるさい(汗)
実のところ 『MSがローカライズして出すとかなら可能性あるかも知れないけど、権利カプコンにあるらしいし
そのカプコンもわざわざXboxでは出してくれないんじゃないかなー…』と
正直言うと半ば諦めてたんで今回の発表は嬉しいですね。ファイティングジャムもXboxでも発売するみたいだし…」
「ファイティングジャムはちょっと見アレやな、『カプエス − SNK』っちゅう感じ…」
「それってそのまんまだよ(汗) せめてカプコン版KOFと…」
「…どっちも大差ないと思う…(汗)」
「ファイティングジャムで気になる点は2つ、ひとつはPS2版、Xbox版共にネット対戦対応になるのか、って事」
『STREET FIGHTER ANNIVERSARY COLLECTION』もLive対応らしいことは書いてへんな」
「そっちはまあPS2版も対応してなかったからね…もちろん今後発表があるかもしれないけど
…それ以前に日本での発売予定今のところ無いみたいだっていうのがショックだったけど(汗) 」
「まあ、今の日本市場では厳しいですからね」
Red Ninja - END OF HONORのXbox版やアウトラン2も日本では発売予定がないらしいですからね…(泣)
他にもファントムクラッシュ2050も続編出たのは嬉しいんですが、Xboxじゃなくなったのはちょっと残念ですねー…
まあ、だからこそ、その分ファイティングジャムやGTAダブルパックの日本発売発表や
発売予定はあったもののしばらく音沙汰がなかったスパイクアウト(公式サイトが出来てます)
ファントムダスト!(GAME Watch)の出展などが嬉しかった訳なんだけど…」
「ガングリフォンも『国内での発売も考慮に入れているし、そのための準備もしている』(SBG)らしいからな」
「…出てくれるといいなあ…テクモだから出してくれると思いたいけど…」
「…で、やっぱりXboxのソフトの話ばっかりですね」
「…うぐっ…で、でも、言い訳させてもらうと、E3の注目はPSPとNDSに集まってたし、
Xboxのソフトの話題ばっかりなのは、最近Xboxのゲームの話題ってあまり出なくなってるからで… 」
「…まあ、そういうことにしておきましょう…」
「信じてないよ…(汗)」
「というわけで、セガの隠し球? ファンタシースターユニバースなんですが…」
「…ユニバースって、何?」
「サンテレビで深夜アニメ録画したらたまに前後にCMが入っとるキャバレ…」
べしっ
「変な事をリルちゃんに教えない(汗)」
「theが付いてないので、おそらく『宇宙』ですね」
「ムービーに『PHANTASY STAR ONLINE 2?』とか
『PHANTASY STAR V?』とかって文字が入ってるのが気になるねー」
「わざわざそんな表現をするってのは、どういうつもりなのかなあ…」
「おそらくは…『どちらでもない』のか…それとも『どちらでもある』のか…
少なくとも片方だけを肯定するための表現ではないと思うのですが」
「どちらでもある…つまり、ファンタシースター正伝としてのストーリー展開をしつつ、オンラインRPGとして展開する?」
「いや、それワケわからん(汗) どっちでもあらへんと考えた方がええやろ」
「それこそ意味がわからないよ…(汗)」
「なんでやねんな、正伝でなくオンラインでないだけやったらそんなややこしい事あらへんがな。
例えば…そうや、PSOの外伝としてのアクションRPGとか作れるんちゃうか?
オフラインとして特化して作ればもっとゲーム性の高いアクションRPGになるやろうし」
「なるほど、そういうのもありそうですね」
「でも、MMORPGだろうって話もあるし、その上で状況に合わせてストーリーが変化するとか、そういうものかも」
「うーん、どうなんだろうねー」
「いっそ間を取って、オフラインがPS5相当、オンラインがPSO2相当とか」
「…それはかなり難しいのでは…」
「まあ、どのハードで出るのかすらわからない以上、じっくり待つしかないよねー」
「そういえば、PCなのかもしれないよね…どうなるんだろう…」

「あの、つばささん。ひとつ忘れてません?」
「…な、なにを?」
「いえ、ファイティングジャムで気になる点が2つ有ると言ってましたが、ひとつしか言われてなかったようで」
「…忘れてました(汗) もうひとつですが…」
「はい」
「カプエス2には恭介さんがでていただけに、ファイティングジャムにもジャスティス学園は出てくるのかなあ、と」
「…アレは元が3Dやからなあ、2Dゲームの集大成と言う事になると厳しいんちゃうか?」
「せめて、バツさんだけでも出してくれないかなあ…」
「まあ、タッグマッチなんやから恭介出すんやったらバツも出るやろ」
「いや、ただ参戦するだけじゃダメだよ? もちろん声が檜山さんでないとねー!」
「結局そこですか…」
「出るならもうそこで買い決定なんだけどね!」
「なんかこないだもおんなじような事言うてなかったか…(汗)」

2004年5月20日 1万Hit目は館長さんでした(本当)
「…ですが、つばささん本人はお休み、と」
「まあみさきちゃんも一緒なんだけど、昨日から中間テストだから」
「狙ったかのような絶妙なタイミングですね、お姉さま。
とにかく、そんなわけで今日はヒカリとお姉さまの2人きりで…」
「ごめん、ボクもいるんだけど…」
「…残念です」
「今日はつばさちゃんが楽しみにしてたクリムゾンスカイアリアンロッドの発売日なんだけど、
どっちも明日までおあずけだってガッカリしてたねー。なんかクリムゾンスカイは大会があるらしいしー」
「募集人数308人ですか…」
「土曜のお昼にそんな大人数が集まるのかな?」
「体験版でも大会があったらしいから、そのときの応募人数から計算してるだろうし…大丈夫じゃないかな?」
「土曜日と言えば、とらのあな梅田店の開店は今週の土曜日ですね」
「つばさちゃんは『梅田店がいい感じに本置いてたら日本橋まで行かなくて済むなあ』って言ってたねー」
「あまり広そうでは無いらしいですけどね」
「あとは…なんかあったっけ?」
「みさきお姉ちゃん絶賛のダンジョン&ドラゴンが明日テレビ放送されるらしいけど…」
「D&Dを3部作で映画化するつもりが未だに第二部の話を聞かないアレだねー…」
「たぶん、つばささんは次の更新でその映画の話を枕にTRPGつながりでアリアンロッドの話をするつもりでしょうね」
「そう思うならここで言ってあげないほうが…(汗)」
「さて、というわけで。
皆さんのおかげで10000アクセスオーバーいたしました。ありがとうございます。
今日はお休みのつばさちゃんに代わってお礼申し上げます。今後ともよろしくお願いしますねー」

2004年5月24日 ダンジョン&ドラゴン
「お久しぶりです、中間テストを挟んだので1週間ぶりになってしまいました。つばさです」
更新自体は4日ぶりですけどね
「? それはさておき、先週の火曜日に1万ヒット達成いたしましたー!
これも日頃見に来て頂いてるお客さんとリンクして頂いている皆さんのおかげです、ありがとうございます♪」
それも先週お姉さまがつばささんに代わってお礼を言っていましたけどね
「…あの、ヒカリさん、さっきから何を言っているのか良く聞こえないんですが」
「あ、いえ。独り言ですからお気になさらず」
「…そうですか?
ええと…先週の金曜日にはみさきが妙に気に入ってる『ダンジョン&ドラゴン』がテレビ放送されていましたんですが…」
「あれって原作はテーブルトークRPGのDungeons&Dragonsですが、なんでズを抜いてしまったんでしょうね」
「…え、あ、ええ?
…ええと、たぶん日本での配給元の方がD&D知らなかったんじゃないんですか?
劇場公開時に配布されたトレカに書かれていたレベルとかもゲーム的に突飛もない数値だったと言う話なので 」
こっちの国内の劇場版のページに載ってる奴やな」
「リドリー(主人公)はスネイルズと魔法大学に忍び込んだり、盗賊ギルドの仕掛けなんかも器用にこなしていたのに、
それで職業:戦士ってのはちょっと違和感がありますからね。能力値もなんかおかしいと聞きましたし」
「つよさとかすばやさとかかしこさとか、ドラクエみたいだよね」
「余談ですが、本当の能力値はこちらのものみたいですね。リドリーの実際のクラスはローグ/ファイターだとか
…ええと、ローグって盗賊みたいなものと思っていいのかな。スネイルズもローグだし… 」
「なんや、調子よう喋ってる思うとったら、やったことはないんかいな…」
「…ごめん(汗) …あ、もうひとつ余談だけど映画の続編は制作中みたい」
カニ光線は今回も健在のようです(笑)」

2004年5月25日 とらのあな梅田店
公式サイトで2日前に記載された事なのでおそらくファンの方はもうとっくに知っていると思うんですが…
マリみて第2期の放送時間が決定したというのをついさっき知りました…ど、どうしよう…」
「…何が?」
「7月4日からなんだって、第2期。
しかも前回カットされた『なかきよ』かららしいんだけど…」
「ボク読んでないからナカキヨとか言われてもわかんないんだけど…」
「ああ、ごめんね。とにかく、7月4日(日曜日)朝7時半からだって…」
「…デカレンジャーとかぶってるー!?
「…あらー、じゃあつばさちゃんかかリルちゃんか、どっちか録画できないねー」
「…第2期の放送はもちろん嬉しいんだけど…いや、ホントにどうしよう…
カレイドスターみたいにBSJAPANでも6日遅れくらいで放送してくれないかなあ…(汗)」

先月話していたとらのあな梅田店ですが、土曜日の夕方からちょっと見てきました」
「夕方か、正解やったな」
「…なにが?」
「午前中は大変な事になっていたようですよ。前日から転売目的の人間が列を作っていたりで
開店前には200メートルくらいの行列になっていたとか、3時間待ちだったという話を聞いていますので」
「…私行ったの18時くらいだったかな、全然そんな様子無くて店内もそんなに混んでなかったけど…」
「ま、イベント配布とか限定品販売とかが終わったらそんなもんやろ」
「ちなみにオークションや中古取扱店などにはそのときに販売された限定品が続々入荷してるという話ですが…」
「…まあ、どうせ限定品っていっても18禁同人誌とかゲームだろうから、関係ないかな。
私にとって大事なのはその日限りのイベントじゃなくて今後梅田店で十分買い物が出来るかだし」
「苺衣ラジ特別編に関しては18禁ではないですし、再販も決定したそうですけどね」
「…まあ、それはともかく。どないやったんや、梅田店」
前にヒカリさんから聞いてたとおりなんば店3階より狭いくらい…一般的なコンビニと同じくらいの広さじゃないかな?
そのせいで一般向け同人誌の取扱スペースはなんば店の1割程度くらいしか無かったと思うよ。
…ちょっとあのアイテム数じゃなんば店の代わりにはならないかな…」
「立地条件的にはすぐ近くにブックファーストコミックランドや旭屋書店がありますし
もう少し先には清風堂書店コミック補完計画や紀伊国屋のコミック専門店もあるので、
どうせなら一般商業誌にスペースを割くより同人誌に特化した方が良いと思うんですけどね」
「…なにか商業的な制約でもあるのかな?」
「あ、ちなみに一般向け同人誌と18禁同人誌の棚が分かれてました。それに関しては嬉しかったですね。
…ただ、その一般向け同人誌の棚と向かい合わせで18禁同人誌を置いてるのを気にしなければ、ですが(汗)」

「最後に、本日脳内派生嘘彼女さんが50万Hit達成されました。おめでとうございますー
…50万踏んだ人には絵のリクエストが出来ると聞いてたんで私も狙ってはいたんですが…うう(汗)」

2004年5月28日 スパロボシリーズ累計で1000万本突破
『スパロボMX』初回出荷本数は50万本! 『スパロボ』シリーズ累計で1,000万本を突破(電撃オンライン)

というわけで、スーパーロボット大戦MXなんですが、うちでも3月に予約してたので買ってきました。
まだ4マップくらいしか進めてないのですが、雑誌情報を全く見ずに始めたので、いろいろと驚く事がありまして
たとえば、これは公式サイトにも書いてあるメインストーリーで語られてるのでネタバレではないと思うんですが…

「一年戦争」「蜥蜴戦争」「グリプス戦争」「デビルガンダム事件」:終結
「バーム星人」:和解
「三大帝国(ミケーネ帝国・妖魔帝国・恐竜帝国)」「ネオ・ジオン軍」:壊滅

…という、毎回序盤からお約束のように攻めてきたいつもの敵がオープニング時点で既に存在していません(汗)
まあ、普段だと無印→Z→ZZという順で登場するガンダム軍団がいきなりZZチームから登場したので
クワトロさんやカミーユさんの乗ってない百式やZガンダムというのも新鮮だなあと思ったり。

他にもスパロボではほぼ毎回第1話で登場する甲児さんは、今回マジンガーでなく留学先で作ったというTFOで登場。
これはグレンダイザーの設定らしく、どうも時間軸をグレンダイザーにあわせたシナリオ進行にしているようです。
そんなインテリ甲児さんは、グレンダイザー準拠では丁寧なしゃべり方なのか、ゲッターチームに君付けで接します。
今までのスパロボで鉄也さんと大作さん以外誰でも呼び捨てにしてるイメージがあったのでものすごく違和感が…(ぇー


…今までのスパロボで元のアニメを見た事のないマジンガーやゲッター・ガンダム等の話の流れやキャラは
それなりに把握して来たつもりなんですが、ここにきてまた見た事もない作品の参入で流れが全然掴めません(汗)
見ておけばよかったなあ…ラーゼフォンとGEAR戦士電童…(汗)
「ところで、たぶん来年は第3次αだろうと思うんだけど…
その次当たり、恋愛を主軸に置いたスパロボとか作ってみてほしいなあ…」
「…なんで?」
「…ゴーダンナー出せるでしょ? 他にも闘将ダイモスとか」
「それやとまあGガンの石破ラブラブ天驚拳も外されへんやろうな、もちろん機動戦艦ナデシコも」
「もちろん、第08MS小隊とガオガイガーは絶対外せないよね、ね、ね!」
「あー、なんや…またつばさの檜山さん病か…」
「人をヘンな病気みたいに言わないでー!」

「ええっと…確かきょうヒカリちゃん誕生日だったよね?」
「…はい!」
「ごめんね、ヒカリちゃんどんなものが欲しいかわかんなくてプレゼントまだ買ってないんだけど、何がいいかな?」
「なんでもいいですか?」
「んー、あまりお金がかからないものがいいかな…(汗)」
「じゃあ、お姉さまをください」
「…それはイヤ、かなー…(汗)」
「…じょ、冗談ですから、お姉さま(汗)」
(…目が本気だったよ…)

雛子さん鉄子さん。お祝いメッセージありがとうございました!(頂いた順)」

2004年6月3日 TFLO開発中止
「…正直、『そろそろβテスト告知予定時期だけど間に合わなくてまた時期延期するんだろうなあ…』
とは思ってたけど、まさかここの段階で中止するとは思わなかったなあ…(汗)」
「まあ、普通に考えたら無茶でへないでしょうか。ネットゲームのノウハウが無い状態から作るのも、
スタッフ100人という規模でで『ドラゴンクエスト8』や『ダーククロニクルの続編』と掛け持ちで開発するというのも」
「でも『TFLOの世界はすでに完成しており、その中である程度の仮想生活を送ることは可能でした』
って、LEVEL-5の開発中止のお知らせには書いてありましたし…」
「まあ、『世界は既に完成』と『ある程度の仮想生活を送る事は可能』をそのままホンマやと受け取るとしてやな…」
「去年のゲームショーとかで実際に遊ぶ事も出来たわけだから、その2つは本当なんじゃない?」
「…せやから、逆にその時点でそこまで出来とんのにβテストが出来んかったんは、なんでかっちゅうことやろ。
たとえば、ゲームショーのデモとかみたいに10人くらいなら処理できても、MMORPGとして運営するのに必須な
ぎょうさんの人数を同時に処理する事が出来ひんままやったとか、そういう致命的な何かがあったんやないか?
最初はもっと小規模なネットゲームを想定して作られとったっちゅう話も聞いた事あるしな」
「うーん…まあ、原因がそれなのかはわかんないけど、
中止するぐらいだからどうにもならないくらい致命的な問題が何かあったんだろうなあ…」
「…今のXboxの国内状況ではMMORPGを運営しても利益にならないと判断して中止にしたかもしれないですよね」
「つまり、Xboxがある程度売れてTFLOで利益を確保できる事を確認してからリリースする、
そんな計算やったっちゅう感じかいな?」
「…βテストの募集に対する応募は2万を超えていたと言いますし、それはないんじゃないかなあ…
そもそもキラータイトルとして用意してたんだから、これでXbox売るくらいのつもりだったと思いますし。
だいたい、現時点の直接的な利益だけを優先してたらxbox日本ではとっくに撤退してると思いますし(汗)」
「まあ、ゲームの方に全く問題があらへんのやったら話題作りのためにもβテストはやるだけやっとったんちゃうやろか」
「βテストだって運営するにはお金が必要ですし、慈善事業じゃないわけですから、
売らない事を前提にβテストはやらないと思いますが…」
「…まあ、想像しかできないんで本当のところはどうだったのかは気になりますねー…」
「気になると言えば、TFLOのファンサイトは今後どうされていくのかとかも気になるところですね」
「そうですね。私にとってはTFLOはいくつかあるXBOXの発売ゲームの中で
買おうかなと思ってたゲームのうちのひとつ、くらいの認識だったのでひどく落胆したりはしないんですが、
TFLOのためだけにXbox買われた人とかものすごく期待されていた人はそれだけショックだったでしょうから…」
「MSがTFLOに代わるモンを用意しよるんか、それともこのままフェードアウトしよんのか…目は離せんとこやな」
「こっちは3日前の話題ですね」
「読み込み時間の短縮と5.1ch対応は嬉しいですね。PS2版買わずに待っといて良かった…」
「…真・三国無双3の時はPS2版買うてたやないか」
「あの頃紅の海とか値崩れしてるの見て、コーエーはもうXboxでは出してくれないんじゃないかなーと思ってたから…
でも結局Xbox版無双3の発売されたし、だから今回はとりあえず半年待とうと思ってて」
「せやけど、Xbox版はたぶんまた猛将伝出ぇへんのちゃうか?」
「うーん、3の猛将伝は結局買ったけど、あんまり遊ばなかったからねー…
ものすごく面白そうな新モードとか追加されてたらそっちだけPS2版買うかもしれないけどね」