←2003/12
2004/1
12/28
 
12/29 12/30
12/31 1/1 2 3
4 5 6
 
7 8 9 10
11 12 13
初更新
14
ブルー
15
(仮)
16 17
18 19 20 21
戦場へ…
22 23 24
25 26 27
レンタル…
28 29
角川…
30 31

2004年1月13日 初更新
「つばさです、あけまして…」
「は〜い、というわけであなたのミスが暴露されるかもしれないクイズのぞみりおねあ、司会の結城のぞみです〜」
「…は?」
「さて、今回の最初の回答者は…」
「どもー、宍戸リルでーす! よろしくお願いしまーす!」
「…ええと、なに、この流れ(汗)」
「さて、それでは第1問」

昨日某大阪南港で開催された某同人誌即売会に私のバイクを借りて遊びに行ったつばさちゃんがやらかしたあり得ないミスとは何?

A.有料道路から降りる時に財布がなかなか開けれなくて後続の車に大迷惑。
B.お金をくずし忘れて財布の中に5千円札だけ。(おつりの都合で即売会ではけっこう迷惑)
C.前の週にとらのあなで買っておいた入場券代わりのカタログを忘れてもう一冊買う羽目に。
D.お金を使いすぎて帰りに有料道路に乗れなくて,仕方なく一般道路で帰ろうとしたら道に迷って右往左往。
「なにこの問題ー!?」
「は〜い、オーディエンスの方はお静かにお願いします〜」
「うわー! やめてー!」
「さぁ、よく考えてください〜」
「…フィフティフィフティお願いします」
「では、ライフラインのフィフティフィフティで、間違いの選択肢が二つ消えます〜

昨日某大阪南港で開催された某同人誌即売会に私のバイクを借りて遊びに行ったつばさちゃんがやらかしたあり得ないミスとは何?

A.有料道路から降りる時に財布がなかなか開けれなくて後続の車に大迷惑。
B.お金をくずし忘れて財布の中に5千円札だけ。(おつりの都合で即売会ではけっこう迷惑)
C.前の週にとらのあなで買っておいた入場券代わりのカタログを忘れてもう一冊買う羽目に。
D.お金を使いすぎて帰りに有料道路に乗れなくて,仕方なく一般道路で帰ろうとしたら道に迷って右往左往。
「あれ、消えないよ〜?」
「だからやめてってばぁ…(汗)」
「さて、リルちゃん、回答は?」
「…えーと…もしかして、全部?(汗)」
「…ファイナルアンサー?」
「…ファイナルアンサー」
「ひどいや…(汗)」

「…ええと、というわけで…新年あけましておめでとうございます、つばさです(泣)」
「…今日もう12日なんだけど…(汗)」
「では第2問〜」

つばさちゃんの新年最初の更新が今の今まで送れた理由とは?

A.休みすぎて更新のやり方がわからなくなった。
B.マリみて合わせで用意した録画機能付きの新しいパソコンの準備に手間取った。
C.ガチャフォース。
D.実況パワフルプロ野球10超決定版。
「もうやめようよ…お願いだから…(泣)」
「なんかSNK関係のイヤな話が続いてますが…(汗)」
「でも閉店の方は2号店は残るって書いてるよ〜?」
「今の1フロアだけの2号店じゃKOFのロケテストなんかやった日にはたぶん店内に人が入りきらないよ…」
「んー、ってことはロケテストってもう江坂でやる気無いんじゃない?」
「それもヤだなぁ…せめてT-ZONEが出て行ってからの再オープンより前の時みたいに2フロアあったらなあ…それでも狭いなあ(汗)」
「ところで、パチスロの方は?」
「私パチンコとかパチスロとかってかなり嫌いな方向で偏見持ってるから余計な事言わない方がいい気がするんで、やめとく…」
「…そだねー(汗)」
「…ただ、アルゼとなんだかんだあった末に結局パチスロ行っちゃうんだと思うと、かなり幻滅…はぁ…」

2004年1月14日 かすみちゃんブルー
「白、けっこういいかも…別に限定じゃなくて普通に出したら駄目なのかなあ?」
「ゲームキューブとかもカラーバリエーションあるもんね」
「私、あの黒いベースカラーはいいんだけど、あの蛍光の緑って抵抗があるんだけど…」
「昔のコンピューターのグリーンディスプレイのイメージなのかな?」
「わかんないけど何かそんな感じっぽいなあ。私はあの配色がイヤで限定版買っちゃったけど…」
「それにしても『ピュアホワイト』はともかく『かすみちゃんブルー』って名前は…(汗)」
「『ちゃん』まで商品名に入ってるのはちょっと恥ずかしいかも…せめてかすみエディションとかかすみブルーとか…(汗)」
「でも、これこそかすみちゃんが買うべきだよね〜、名前もともかく格闘ゲームの発売記念モデルでもあるわけだし」
「うーん…いい機会だし今度こそかすみさんに買って貰わないと。DOAオンラインも近いし…」
「で、かすみさんとLIVEで対戦して貰って、つばさお姉ちゃんボロボロに負けるんだよね?」
「うう、どうせ私は下手だよう…」

2004年1月15日 「(仮)」はずしました。
「ところで昨日ちょっと聞かれたんだけど〜、いつまで『(仮)』なの?」
「…ええと、何が?」
「ここのサイト名の『つばさあーるおー(仮)』の話だけど〜」
「…外すの忘れてたー!」

「…ええと、私としては2ヶ月くらい前に外してたつもりでした…今後ともつばさあーるおーをよろしくお願いします(汗)」
「あとね、『RO系っぽい名前つけておいて全然ラグナロクの話してないし、詐欺っぽい』っても言われたんだけど〜」
「ごめんなさい、URLの「tsubasa.ro」をそのまま読んでるだけなんです、
ROはおととしの10月あたりにβ終わる手前でやめてます。ごめんなさいごめんなさい(汗)」

「まあ、その話になったからついでに言っちゃうんだけど…私どうもROやめてから長いせいか
特定のスタイルのグラフィックが当時インパクトの強かった人のイメージに固定されてしまってるみたい…」
「んー、言ってる意味がよくわかんないんだけど…」
「ええと、たとえば…」
 ※「らぐなの何か。」さんのCharacterSimulationを使用させて頂きました。
「たとえばこういう組み合わせ。金髪ショートの剣士と青髪アコライト。 それぞれ珍しい組み合わせじゃないし、
確かそれぞれの髪型の基本カラーが同色だったと思うんで結構同じスタイルのヒトはいると思うんだけど…」
「けど?」
「これが全部くるみさんさやさやさんに見える、みたいな(汗)」
「うわ、重症かも」
「でも、そういうのは誰でも多少はあるんじゃない? 知ってる人に似てるみたいな感じで」
「そういえば、月曜日のこみっくトレジャーで見かけたRO系の同人誌の表紙を見て歩いてた時に
何冊かの本で『くるみ本!?』とか思っては「いや違うから」って否定してその場を去るみたいな
端から見たらかなり不審な行動をしてたような気が…(汗)」
「なんだかなあ…」
プレゼント用のバージョンとはだいぶ雰囲気違うみたいですね」
発売される方はファミコン本体のイメージで、プレゼント版はコントローラーのイメージみたいだね〜」
「まあ、プレゼント版とまったく同じものが買えるようになったらプレゼント版手に入れた人はいい気分しないでしょうし
コントローラー風のシールを貼るのに手間とコストがかかるみたいな話もあった気がするんでこうなったんでしょうか」
「欲を言えばファミコンミニも当時のファミコン版のカートリッジと同じ色にした方が面白かったと思うけどね〜」
「あ、これ色違うんだ…」
「たぶんファミコンカラーのカートリッジの差し込み口の色と合わせたんじゃないかな?」
ゲームキューブ版、PS2版に続いての3機種目ですねー。
Xbox版もなんとか出したいって話だったんで私はもう少し待ちますが…(汗)
…ワールドコレクションってのは日本語訳せずに説明書だけ日本語のゲームなんですけど
あんまりそればっかり出されると 『もう日本語版で出す気もないくらいやる気無いのかなあ…』って気になってくるんで
個人的にはほどほどにして欲しいんだけどなあ…いや、日本語版でちゃんと出してくれればさらに良いんですが(汗)

2004年1月21日 戦場へご招待キャンペーン
「さてさて、いよいよ発売まであと1ヶ月と少しになった鉄騎大戦ですが、先週新しいキャンペーンが発表されましたー」
「うちの鉄騎はいつになったら箱から出すのかなー?」
「…ええと、ええと。なんとかはしたいんだよ?(汗)」
「えーっと…当たるのは合計で…14人?(汗)」
「防音ルームとか確かに高そうだけど、ちょっと当選者数数が少なすぎじゃないかなあ…」
「ええっと、まずB賞のほうは2人の優子さんとチームを組んで対戦できる権利、かな?」
「宮村優子さんは救急戦隊ゴーゴーファイブの速瀬京子役とかで有名だよねー!」
「いや、普通はウェディングピーチのひなぎくとか…(汗)」
「…つばさちゃん、普通はエヴァンゲリオンから言うと思うよー?」
「というか小倉さんの方は?」
「ええと、ええと…(汗) 1年半前に文化放送のTLS(トゥルーラブストーリー)のラジオ番組のパーソナリティを担当して
ゲームの声優さんがパーソナリティに来ると思っていたファンからは賛否両論だったって話の小倉優子さん…? 」
「それ、フォローになってないと思う…(汗)」
「でも、なんで10人対戦できるはずなのに8人戦なのかな?」
「あ、そうなんだ…宮村さんなら5対5の方が戦隊っぽくて燃えそうなんだけどねー(笑)」
「まあ、どっちにしても六本木ベルファーレまでは行けないし、うちで応募するならA賞のコクピットかな?」
「…あれ、アーケードタイプって方はどこかで見た事があるような気が…」
「この前の日本橋のイベントでも使われてたよね、乗れなかったけど…(泣)」
「ルームタイプってのもいいんじゃない? 夜でも近所迷惑にならなさそうだし」
「この防音ルームはちょっと欲しいかも。1.5畳分だったら家の中にも置けそうじゃない?」
「…ええっと、でもこれ400kgあるよ?ディスプレイ別だし〜」
「うわあ…床抜けるかも、無理かぁ…(汗)」
「これて、写真のひとつもないとなんともいえないよねー(汗)」
「年末となるとやっぱりPSPの対抗馬というポジションなんだろうね〜ソフトはディスクなのかな、カートリッジなのかな?」
「分割画面ってどれくらいゲームに活かせるのか気になるけど、5月のE3でそのあたりが見れるといいなぁ…」

2004年1月27日 漫画家vsレンタルコミック店
「今更だけど555の最終回意味不明ー! リルだよー」
「やっぱり900iはあんまり欲しいと思いにくいかな〜…のぞみです〜」
「…2週間ほど差がしていたパワプロ9決定版がやっと手に入りました…つばさです」
「PS2版ならもっと簡単に買えたのに…」
「でも、なんかゲームキューブ版の方が読み込み短いって聞いたから…(汗)」
「で、結局サクセスモード目当てで買ったのにまだ失敗ばっかりなんだよね〜?」
「…どうせ下手だよ…バッティング全然当たらないよ…パワプロ10でもまだ1人しか作れてないし…」
「先にそのバッティングだけ練習した方がいいんじゃないのかな…(汗)」
「よーし、全部買っちゃうよ! でも下手だからLIVEでヒェミちゃんにばんばん負けちゃうよ!」
「…いや、だから勝てるようにがんばろうよ、つばさお姉ちゃん…(汗)」
「一瞬、払わないなその家の子だけ給食ナシにしたらいいんじゃないとか思ったんだけど、
いじめとかに繋がるからだめって事なんだろうなあ…社会問題になりかねないし」
「っていうか、学校に来てる子が悪いんじゃなくて、払わない親が悪いからー」
「でもそれをいいことに『払いたくないから』ってのはあんまりだと思うよ〜」
「そういう家って、NHKの受信料とかはどうしてるのかなあ…(汗)」

「…それで思い出したんだけど、先週のニュース対決!漫画家VSレンタルコミック店って特集をやってたよね?」
「あれって、実際のところうちの近所にレンタルコミックって無いからピンと来ないかなぁ…」
「このへん田舎だからね〜」
「TSUTAYAはあるけど、少なくともうちの近所のTSUTAYAはコミック扱ってないもんね」
「まあ、そうなんだけど…その番組見てて、これって中古ゲームのメーカーと販売店側の時にも思ったんだけど。
あのお店側の
『著作者達はここからも消費者の皆さんに負担を強いようとしていますが、私たちは消費者の味方ですよ』
とでも言いたそうなものの言い方って、私は詭弁っぽくてものすごくイヤ。あれって遠回しに
『普通に買うのはお金の無駄、バカのやる事です、うちを利用してお金を節約する人が賢い消費者ですよ』
って言われてる気がして、なんかイヤ…」
「つばさお姉ちゃん…なんかそれ被害妄想入ってない?(汗)」
「たぶん入ってる…(汗)
とにかく、うまく言えないんだけど、著作者がいないと本もゲームも新しいものは出来ないわけだし
普通に新本や新品ゲームを買う人に負担を強いて、お店だけで利潤を稼いでるってのはどうかなあ、と(汗)
…いや、ゲームは中古がないとやっていけないとかいう話も聞くんである程度は仕方ないのかなあとも思うんだけど、
レンタルコミックなんて権利で保護されてない以上は本当にお店だけが得をするシステムっぽいなあって気が…」
「レンタル店側としてはビデオとかCDと違ってコピーされるかもしれないから貸与権があるんであって
コミックはコピーした方が本を買うより高くつくんだから貸与権なんかいらないって事みたいなんだけど〜
きわめて特殊な例で言えばコピーじゃなくてスキャンしてデジタルデータにしてしまうって方法もあるよね〜」
「…それはそれでものすごく手間のかかる作業だと思うけど…(汗)」
「でも、実際にそういうデータがP2Pで出回ってるとかって聞いたよ?」
「…ページ数が少ない同人誌ならそういうのあるって話は知っててたけど…ある意味根性だなあ…(汗)
まあ、とにかく。いま求めてるのはレンタルの禁止じゃなくて一定期間の貸し出し禁止と使用料の支払いだけなんだったら、それは認めてあげて欲しいなあと。作品を作る人があっての業界なわけだし。
まあ、私は真紀奈さんじゃないから法律はわからないんで、ただの感情論でしかないんですが…(汗)」
「まあ、なんだかんだ言って私たちはレンタルコミック利用した事ないから簡単に言えるけど、
実際にレンタルを利用してる人だとやっぱりレンタル料が高くなることを抵抗感なく受け入れるのは難しいとは思うよ〜」
「…だろうなぁ、だからこそお店側の『私たちこそ消費者の味方!』みたいな言い方が鼻につくんだけど…(汗)」

2004年1月29日 角川がエンターブレイン&アスキーを買収
「つばさお姉ちゃん、さっきから何調べてるの?」
「ええと…角川がエンターブレインとアスキーを買収するらしいから、今までの買収とか合併とか調べてみようと思ったら
なんかややこしくて…」
「ん、なになにどうしたの〜?」
「カドカワがファミ通買収するらしいんだってー」
「じゃあファミ通と電撃とコンプティークが全部同じ系列になっちゃうね〜」
「微妙にかぶってるんだかかぶってないんだか(汗)」
「これが8年くらい前だったらログアウトとコンプRPGとRPGドラゴンと電撃アドベンチャーズが集結する事になったのにね〜」
「…いや、わかんないよ、のぞみお姉ちゃん…(汗)」
「そういえばアクセラってどうなったのかなぁ?」
「だから知らないってば…」
「ええと、調べててわかったのは…12年前に角川書店はコンプティークとマルカツなんとかって名前のいくつかのゲーム雑誌、 あとコミックコンプってマンガ雑誌をを出してたらしいんだけど…」
「12年前って…ボクそれヘタしたら生まれてすらないんだけど…(汗)」
「…まあとにかく、ある月の号で突然コミックコンプの連載はほぼ全部休みになって読み切りだらけに、ゲーム雑誌はばさばさ連載記事がいきなり終了したらしいんだけど…」
「…マンガ家一斉夜逃げ、とか?」
「ん〜、近いような近くないような…」
「で、それとほぼ同時期に電撃王と電撃なんとかっていくつかのゲーム雑誌、あと電撃コミックガオが創刊されて」
「あー、電撃PlayStationとか?」
「プレステはその頃まだ無いよ〜」
「…まあ、とにかくその手の雑誌。で、その電撃PCエンジン(現・電撃G'sマガジン)とかの雑誌は全部マルカツなんとかと被るかたちで発売されてて」
「対抗心むきだしだねー」
「いや、そうじゃなくて…(汗) で、その発売された新雑誌、たとえば電撃王にはコンプティークの連載があったりとか、電撃コミックガオにはコミックコンプで今月休んでたはずのマンガが載ってたりとかしたらしくて…」
「夜逃げ先!?」
「…いや、その、ええと…(汗)」
「要するにお家騒動でそうなったらしいよ〜」
「…でも、電撃の雑誌って角川から出てるよね? そのへんがわかんなくてややこしいなあと…(汗)」
「そのあと角川書店の社長が逮捕されて、次の社長にその弟さんがなったんだけど
その弟さんはお家騒動で角川から出て行って電撃のメディアワークス作った人で〜…」
「…何のために出ていったかわからなくなってない、それ?(汗)」
「その関係で角川から出るようになったんじゃないかな? 私最近のは知らないからずっと主婦の友社から出てると思ってたよ〜」
「…でも、主婦の友社からマンガとかゲーム雑誌って、イメージ的にものすごくかけ離れてる感じがするなあ…(汗)」
「とにかく、今気になるのは実際にアスキーとエンターブレインが子会社になった時に
アスキーはともかくエンターブレインの雑誌は結構電撃とかぶってるから、今後どうなるのかなあ…と」
「んー、私は買ってないからわかんないよ〜。たぶんマンガ雑誌はかぶっても大丈夫だろうけど〜」
「…ファミ通は安定だろうし、コンプティークがリニューアルして変わっちゃったみたいだからログインは大丈夫として
ファミ通PS2とかファム通キューブは電撃にも専門誌があるからちょっと心配かなあ…
あと、経営方針に口出ししてきたりしたらアルカディアとかファミ通Xboxもどうなるか…ちょっと心配だなあ(汗)」
「で、アクセラってのは〜」
「いや、もういいから…(汗)」